人参湯

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

 

<人参湯>

構成生薬 『人参』・朮・乾姜・甘草
構成 甘草乾姜湯 + 人参 + 朮
体質 非常に虚弱・下垂体質・無力性体質・胃下垂高度・痩せ型・低体温・低体重・筋肉が未発達で弛緩
症候  食欲不振・吐き気・胃痛・もたれ・軟便下痢・顔に生気がない・手足が冷たい・口に薄い唾液がたまる・希薄な尿が出る など

 

 


<構成生薬のポイント>

『人参』 気力アップ!
朮 水毒をとる
乾姜 体の内側を温める

新陳代謝機能の減衰したものを振興する熱薬で、陰虚証で、水毒が上昇し、嘔吐、咳、眩、腰痛、胸腹冷痛するに用いる

甘草 調和

裏寒に用いる

 

 

 


<関連処方>

附子理中湯 +附子 人参湯の適応となる症候に加えて、手足の冷えや低体温傾向が強いものに用いる。

エキス剤だと、人参湯に附子末を併用して代用

桂枝人参湯 +桂枝 人参湯の適応となる胃腸虚弱者で、発熱・動悸・頭痛などをともなう時に用いる。

 

 


 

<原典>

傷寒論:丸薬を理中丸。湯剤を理中湯と呼ぶ。

中→中焦、つまり、脾胃のこと。

理→おさめるという意味

傷寒論では、理中とは中焦を利するなりとある。

よって、理中湯とは、胃気が虚して乱れたのをおさめる薬。

消化管機能の低下や障害を調整改善するという意味。

 

 


<鑑別>

四君子湯 虚弱者の機能性胃腸症で要鑑別。

胃下垂で、心窩部拍水音(振水音)顕著な点は共通だが、疲労倦怠、無気力を訴える例に用いる。

人参湯は冷えが強く、低体温の者に用いる。

六君子湯 機能性胃腸症で要鑑別。

食欲低下、胃もたれは共通だが、中肉中背からやや痩せ型である。

低体温はなく、また高度の痩せ型ではない。

真武湯 虚弱者の下痢で要鑑別。

症状の面から、真武湯は下痢、腹痛が主であり、人参湯は胃もたれなど胃症状が多い。

どちらも痩せて冷え症の者に用いる。鑑別は難しい。

啓脾湯 慢性下痢で要鑑別。

不消化便、軟便、泥状便程度で水様下痢になることは少なく、全身状態も保たれている例が多い。

鑑別の困難なことも少なくない。

大建中湯 虚弱者の慢性の胃腸症状で要鑑別。

大建中湯は、腹部膨満感が強く、腹痛をともなう者に用いるが、腹痛がない例では鑑別が難しいこともある。

 

 

 

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]