気をつけてれば病気には絶対かからない?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

 

自然には災害が付き物で

台風だったり、地震だったり、雷とか

いろんなのがあるけど

 

 

人はそれぞれに対策をしてきたと思うんだ

 

 

台風による大雨には、川の堤防を高くするとか

地震には、家の構造を工夫するとか

雷は…避雷針?

 

 

とか、そういう感じで

 

 

っていうのも

自然災害って根本的になくす事が出来ないからなんだよね

起こるのは仕方ない

だから対策しようって事で今まで生きてきたわけ

 

 

東洋医学では、前も言ったように

人の体の中にも自然があるって考えてる

 

 

って事は

病気って自然災害だと考えたら

身体の中から急に悪いものが起こるっていうのもありえるのではないか?

って思うのよね

 

 

病気で悪いものって一番に思いつくのはガンだけど

ガン細胞だって、毎日数千個生まれてる

けど、身体が対策をして異常に増えないように対策をしてるんだよね

 

 

地震だって1日に数千回起こってるらしい

地震計じゃないと測れないレベルでの話だけどね

 

 

台風だと、ある季節に決まって起こる

けど、雨の日とか風の日って普段もあるじゃん

 

 

インフルエンザや、ノロみたいなある季節にたくさん増える風邪もあれば

なんでもない日に風邪をひく事もある

 

 

こう考えると昔の人が身体の中に自然があると考えたのもうなづけるなぁって思った

 

 

それと同時に

自然災害の対策って、起こってからじゃ遅くて

起こる前に対策をしとかなきゃ意味ない

 

 

昔は強い雨が降ったら川が氾濫なんてしょっちゅうあったんじゃないかと思う

それを堤防作る事によって強い台風以外は決壊しないように対策したり

 

 

もし、決壊したら逃げるしかないわけで笑

しかも、一度決壊すると、元に戻すのが大変!

 

 

病気だってそうじゃないかな

ガンになったら、抗がん剤打つだろうし

インフルエンザになったら、タミフル飲むだろうし

 

 

だから、ガンにならないように対策を

風邪をひかないように対策をする事が重要なんだなぁと

改めて感じた

 

 

もちろん、ガンや風邪だけじゃないよ

冷え性、生理不順、めまい、耳鳴り、アトピー、喘息などなど

全てにおいてね!

 

 

けど、災害が急に起こるように

病気だって急に起こる

 

 

もちろん、蓄積されて症状が出てくるものもあると思う

地震みたいにね

 

 

けど、台風とか雷は突発的に起こるじゃん

だから、突発的になんの前触れもなく起こる病気もあるんじゃないかって思うんだ

 

 

蓄積されて起こる地震みたいな病気には

日々の対策をしっかりして

災害が起こっても被害が最小限になるようにする

これが重要

 

 

じゃぁ、突発的に起こるものに関して言えば?

 

 

突発的におこるんだから、予防のしようがない

けど、避雷針たてたりはできるじゃん?

起こるかもしれないから起こった時の事を考える

 

 

もし、風邪ひいたら?

骨折してしまったら?

肩や肘や膝を痛めたら?

なったものは仕方ない、だから治しましょう

 

 

けど、なったあと治りが早い身体作りはできるかも?

 

 

それって、なってからじゃ遅くて

なる前からそういう身体になってないとね!

 

 

病気にならないために予防しましょうっていうのも大事だけど

病気になってしまった時のためにも

食べ物と運動と睡眠は注意していきましょう〜

 

 

何回も言うけど

旬のものを食べて、24時〜26時までは寝ているようにする

運動は週1回は心拍数が100超えるくらいの運動をする。

 

 

病気は注意してても起こるもの

治りやすい身体作りっていう点でも

養生は大事だと思うんだ!

 

 

ってことで、今日はこのへんで

ε=ε=ε=ヾ(э^・ェ・^)эニャホー

 

 

 

 

 

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]