会話がちょっとずつズレていっちゃうのは・・・?

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

 

昨日は、4月から通う鍼灸学校の先生と

その生徒さんたちと飲みに行ってきたんだけど

 

 

先生からだっけかな?

俺はやっぱり認められたい欲求があるから

これからも頑張り続けれるだよねー

 

 

って話があって

 

 

その生徒が

なんで認められたいんですか?

僕はそういう欲求はなくて

今のままで幸せなんですよね

 

 

っていう返しがあったんだ

 

 

これは結構いいネタだ!

って事で深掘り開始

 

 

先生がさらに言ったのは

マズローの五段階欲求にもあるように

承認欲求っていうのはより高位の欲求だから

君はそこまで行ってないって事なんだよって

 

 

すかさず生徒さんが

いや、そういう他者と比較して自分のほうがすごいって思うのは

逆に次元低くないですか?

他人は関係ないと思うんですけど

 

 

この会話すっごく面白いって思いながら聞いてたら

お互い交戦モードに入っちゃって^^;;

 

 

 

そもそもマズローの承認欲求っていうのは

4段階目の欲求で

心の欲求の第一番目なんだよね

 

 

この時点で物欲関係の欲求は終わってると考えられるから

普通の人に比べるとかなり先を行ってる感じを受ける

さすが先生!

 

 

で、生徒さんの言うこともすごく納得のいくもので

他者と比較するから

いつまでも苦しい思いをする

 

 

これも一理ある

 

 

僕も事あるごとに

比べるのは他者じゃない、過去の自分だって言ってる

 

 

さーて、この二人は

どう納得したのか?

 

 

この意見の食い違いはどこから起こってるのかなぁって言うのを

昨日の会話を振り返りながら考えたんだけど

 

 

生徒さんは先生が言った事の

『認められたい』を『他者と比較して自分がすごい』

に置き換えて話をしちゃったんだよね

 

 

『認められる』って言う事は

『他者と比較して自分がすごい』に、完全に当てはまるわけじゃない

 

 

お互いの言葉の定義が曖昧だったから

この会話が変な方向に行ってしまったんじゃないかって思った

 

 

先生が、この認められるをどういう意味で言ったかは

先生に聞かないとわからないけど

 

 

おそらく、自分がやろうとしてる事が世の中に広がればいいって思ってるんじゃないかって

僕はそう受け取ったんだ

 

 

中国思想や、鍼灸の可能性なんかが

世の中にもっと広がればいいのにっていう意味合いだったような気がする

 

 

こいういう言葉の定義の若干の違いで

相手に思いが伝わらないって結構多いと思うから

気をつけて行きたいなぁってね

 

 

僕も、その時はなんでかわからなかったけど

振り返ってみて初めて

あーそういうことか!

って思うからねぇ^^;

 

 

けど、先生にこれだけ意見を言える生徒さんっていうのも

今じゃめずらしいなぁって

相手が誰であっても

自分の意見をちゃんと言う

 

 

いやぁ、、、

4月からがとっても楽しみだ!(≧∇≦)ъ ナイス!

 

 

 

 

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]