第一回薬局アワード開催!

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

 

昨日は、薬局アワードっていう

薬局が取り組んでる取り組みを発表し合うイベントに行ってきた。

 

 

ま、薬局には興味なんだけど

主催者の方々と知り合いだったから応援にね。

 

 

薬局なんてどこも一緒で

立地が決まれば患者数も必然と決まるって僕は思ってるんだけど

 

 

地方に行くといろいろできるなぁと実感。

 

 

都内に比べて老人の比率が高いから

介護系の需要が多くなるだろうし

ゆっくり時間を使いたい人も多くなるのかなぁって

 

 

あと、コミュニケーションの場を求めてる人の比率も高くなるのかな

っていうのも感じた。

都会と比べて店がないからね。

 

 

その『場』を薬局が担ってるっていうところがあって

市場を読めてるなぁと感心!

 

 

また、こういう取り組みをしている薬局は

全体的に若い薬局が多いなっていうのも印象的だった。

 

 

まだできて2年経ってないとかね。

まぁ、患者獲得のための創意工夫というか

その地域に認められるための努力というか

そういったものも

地方の薬局には求められるんだなぁって

 

 

あとは、社員のモチベーションをいかに保つかっていう

マネジメントの部分の工夫をしている薬局もあって

なるほどなぁと

 

 

僕は常々、薬剤師は勉強不足だって言ってるけど

会社側に、薬剤師のモチベーションをあげてあげる工夫があれば

そういったことも解消されるのかって思った。

 

 

ん〜

医療従事者なんだから

自分自身で常日頃から切磋琢磨しろよって思うけどね。

 

 

会社側が創意工夫するっていうのもアリだなって

ちょっとだけ思った笑。

 

 

今回いろんな工夫をされてる薬局さんは

僕と方向は違えど

医療を担う側として

その患者さんへ他にどんなサービスができるのか?

っていうことを考えてて

やっぱり意識の高い人と繋がるのはいいなぁって

 

 

僕は

その人が今どんな状態で

どんな治療が一番あっていて

どんな経過をたどって治していくのかっていう

治すことに妥協せずにやってるけど

 

 

この薬局さんたちは

その人の代わりに何かできることはないか(お惣菜の宅配や介護用品の紹介)

その人が望むものは何か(患者さんの生きる目的を作ってお手伝い)

っていうことを考えて

実践してるんだなぁって

 

 

ま、薬局の利益にはなってないようだけど

だからこそ大手はやらないと思うし

 

 

そんな変な薬局もあるんだなぁって

知ってるだけでも違うかな?

 

 

まぁ若い人にはどこの薬局でも変わらないから

どこに行ってもいいけど

 

 

もし、なんらかのサービスを求めるのであれば

変な薬局を探してみるのもいいんじゃないかな?って思います。

 

 

また来年も薬局アワード第2回をやるようなので

よかったら情報流しますよー!

 

 

ってことで、今日はこの辺で

ε=ε=ε=ヾ(э^・ェ・^)эニャホー

 

 

 

 

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]