少しづつ、確実に、知らない間にやられてる笑

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

 

胸のあたりが汗でかぶれるんです。

その人は言った。

 

 

汗をかくと痒くなり

もちろん掻いたら痒くなるけど

そうじゃないときは痒くない。

 

 

アレルギー症状って一括りに言われている

皮膚疾患や、喘息、鼻炎など(最近は不妊もアレルギー関係してるんじゃないかと思っている)

 

 

要するにアレルギーって

『身体の中の何かしら』に『身体が反応』して起こしている症状っていう事だよね

 

 

人の身体っていうのは

必要なものと必要ないものをわけられるようにできていて

必要ないものは

身体に毒とならないように変換して外に出すっていう機能が備わってる

 

 

身体に必要ないもの(これを毒という事にする)を

そのヤバさに応じて毒レベル0〜100まであったとして

 

 

10くらいのものなら身体が正常だと何もしなくても外に出すのは簡単なんだけど

80くらいのものが入って来たら

総攻撃してやっつけないとヤバイって感じ

 

 

実は、僕らは生きて行くだけでも毒レベル10くらいのやつなら

毎日食べたり生まれたりしている

 

 

マーガリンに代表されるトランス脂肪酸であったり(毒レベル50くらいかもしれないけど)

マグロなど大型魚類に含まれる重金属だったり

家畜に含まれるホルモン剤だったり

空気中に浮遊している病原菌だったり

食べ物を消化した後腸内に溜まっている便だったり

 

 

いろんな毒を毎日摂取、産生している(気づかないうちに)

 

 

けど、これらの弱い毒なら

そこまでパワーを使う事なく10くらいのパワーで掃除ができる

 

 

この毒に身体が負ける要因っていうのが

①強い毒が入って来た

②弱い毒が大量に入って来た

③毒をやっつける機能が落ちた

 

 

って事が考えられると思う

 

 

①毒レベル80のやつが攻めて来たら

身体の免疫機能が一気に働いて、その毒をやっつけにかかる

 

 

その間も、普段とっている毒レベル10のやつも身体に入って来てるわけで

ただ、その毒レベル10のやつを相手にしてる暇なんてない

先に毒レベル80のやつをやっつけないと死活問題だからね

 

 

風邪引いた時に、食欲がなくなるのは

このちょっとした毒を取らないという意味もあるかもしれない

 

 

ただ、①の場合よりも圧倒的に②の場合が多い様に思えて

現代では上でも書いたけど

トランス脂肪酸や、重金属類、ホルモン剤、病原菌、化学調味料や、化学肥料、農薬など

たくさんの毒物が身体の中に日々入って来ている

 

 

ホルモン剤の投与されていない牛乳や卵なんて存在するのか?っていうくらいないし

農薬を使ってない野菜なんてあるのか?っていうくらいない

トランス脂肪酸の含まれていないコンビニ食やファストフードもないしね

 

 

これらを少量ずつだけど

大量に摂取している可能性があるっていう事は覚えておいてほしい

 

 

やっぱり健康は毎日の積み重ねだ

 

 

③も実は②と似ていて

身体の掃除するエネルギー不足って事

睡眠不足や、栄養不足、腸内細菌不足によって

毒を無毒化できない、外に出せないっていう状態になってる

 

 

最近お疲れじゃないですか?

アレルギー症状でちゃいますよ!

 

 

不妊とアレルギーっていうのも考えられるから

今度また書くけど

 

 

いろんな病気の土台になってる可能性があるから

早めに対処していきたいね!

 

 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

<今日の質問>

普段食べている食べ物の中に含まれる一番摂取量が多い毒は何ですか?

それを他の食べ物で置き換えたり、その毒を外に出しやすくする工夫はないですか?

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 

 

毎日の食生活を見直していきましょ!

って事で、今日はこの辺で

ε=ε=ε=ヾ(э^・ェ・^)эニャホー

 

 

 

 

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]