頑張ってやることの弊害

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

 

蕎麦のポタージュを初めて食べました。

 

 

昔からあるお蕎麦屋さんで食べるお蕎麦は

やっぱり美味しいですね。

長く続いているだけあります。

 

 

さて、最近は小麦をなるべく抜く食事法を実施中です。

ちなみにそう決めて5日目なのですが

 

 

食べるものがない笑

っていう状態に陥っています。

 

 

コンビニに行っても小麦が入ってないものって

おにぎりくらいしかない!

 

 

小麦アレルギーの人は大変だろうなぁと感じます。

 

 

なぜ小麦を抜こうかと思ったかというと

小麦に含まれるグルテンを抜きたいからなんですね。

 

 

前々から腸内環境に関しては

世間一般の人よりかは気を使っていて

乳酸菌に代表される菌系のサプリメントを結構飲んでいるんですが

 

 

グルテンに関してはノータッチだったんです。

前々から文献も多少読んで見たりして

腸壁が壊れる可能性があるよっという事を目にしていたのでちょうどいいかなぁと

 

 

ビジネスでも健康でもそうですけど

僕は何か新しい事を始めるにしても

何かを追加する事ってあんまりしないんですね。

 

 

できるだけ辞める事にフォーカスするようにしています。

 

 

今回でいうとグルテン抜きですが

ビジネスでいうと、4万円以下のセミナーには出ないとか

年間120万以下では仕事を受けないとかですね。

 

 

新しい事を始めるって

何かをやった気になれるんです。

それさえやれば大丈夫っていう錯覚に陥ってしまう事もあります。

 

 

さらに問題なのが

頑張ってる感が出てしまう

 

 

何かやりたい事がある時に

自分で自分の事を頑張ってるなぁって思うのは

やりたい事をやっていない可能性が高い。

 

 

頑張るって言う感覚は、やりたくない自分がいて

けど、それをやらなきゃダメだからやっている時に

頑張っているっていう表現になるからです。

 

 

もっと言うと、自分に嘘をついているときに起こりやすい表現。

こういう状態は結局やらなくなってしまうんですね。

身体にも負担になります。

 

 

あとで思い返したときに

あぁ、俺スッゲー頑張ってきたなぁって思うのは別にいいと思うけど

やっている時は、夢中でやってるはずなので

頑張っているなんて思わないはずです。

 

 

ゲーム好きな人は、ゲームを頑張ってやる人なんていないですし

本読むのが好きな人が、頑張って本なんて読まない。

スポーツ好きな人は、頑張ってスポーツしないですよね。

 

 

周りから見たら、よくそんなキツイ事できるね

って言われるかもしれないけど

本人は、そういう自覚がない。

 

 

こういう状態にしていきましょう。

 

 

学生時代、部活や習い事を真剣にやってきた人ならわかりやすいかな?

あまりやってこなかった場合は、ひとまず夢中になれるものを見つけてみましょ!

 

 

ってことで

今日はこの辺で。

 

 

小麦抜き。。。

食べるものにこれから困りそうです笑

 

 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

<今日の質問>

今やっている事で辞めても問題ないことはなんですか?

小さな事でも大丈夫です。

 

ぜひ、考えてみてください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 

 

 

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]