四角い頭を丸くする


 

トランポリンってやったことあります?

 

 

昨日はものすごく頭を使ったので

今日は身体を使おう!ってことで

都内某所にある

トランポリンやボルダリングが遊べる施設に行ってきた。

 

 

ボルダリングは、以前やった事があって

手の力をできるだけ使わないようにっていう教訓が。。。

 

 

足で登るってめっちゃむずかしいよね。

普段いかに手に頼っているかっていうことを認識させられた。。。

 

 

上半身の柔軟性とかはものすごく意識できるけど

下半身ってなかなか意識しにくいんだよなー・・・

 

 

ま、ボルダリングはおいといて

トランポリン

 

 

これ、めっちゃ楽しいからみんなぜひやるべき笑

 

 

体幹がしっかりしているか

やればわかるって感じ

 

 

高く飛べば飛ぶほど、バランスが取りにくくなるのは当たり前だけど

高く飛んでも大丈夫な人と、ダメな人の差が笑

 

 

やっぱり普段から基礎を意識してるかっていうところが

こういう時に出てくるんだなぁって思った。

 

 

トランポリンって

自分の力で高く飛ぶんじゃなくて

着地の時のパワーをバネの反発によって高く飛べるようになる。

 

 

ようするに

いつもジャンプする時の動作をやっても

全然高く飛べない

 

 

膝は伸ばしたまま着地して

そのまま反動でジャンプするって感じ。

 

 

いつも膝でクッションを作っているのを

トランポリンのバネに代わりにやってもらうっていうことだね。

 

 

いろんな角度のトランポリンがあれば楽しかっただろうなぁっと思った!

 

 

平日だったこともあり

ガラガラだったんだけど

幼稚園くらいかな?の女の子が近くに寄ってきて

 

 

1種類だけじゃないんだよって言ってきた。

 

 

ん?何が1種類なんだろう?

って聞いてみると、モジモジ恥ずかしそうにしてたと思ったら

ピョンピョン遊びだして

 

 

足で着地するだけじゃなく

膝で着地する方法とか、お尻で着地することを教えてくれた

 

 

おそらく、僕らが普通にジャンプばっかりやっていたから

こんな方法もあるんだよ!って教えにきてくれたんだと思う。

 

 

なるほど、これが1種類じゃないってことか!

っと思いつつ

膝で飛んだりしてたんだけど

 

 

子供ってよく思いつくよね。

 

 

一つの遊びの中で

独自に発展させてもっとチャレンジングなことをやっていく

 

 

僕らみたいな固定観念ができちゃうと

なかなか新しいことを思いつかない。

 

 

できるだけ頭を柔らかくしようと努力はしてるけどね笑

 

 

そういえば昔は僕も

親戚とかで集まった時に自分でゲームを考えて

みんなでやったりしたなぁって思い出した。

 

 

学校では

試験でカンニングはダメ、欠点をだしたらダメ

校則は守らないとダメ、授業には遅れてきちゃダメ、

休むのもダメ、皆勤賞は素晴らしい

 

 

こんこんなことを言われ続けてたら

そらぁ、頭も硬くなっていくわなぁと。

 

 

社会人になったら、カンニングはしないとバカ

不得意な事はやらなくても、誰かにやってもえばOK

ルールは、自分で作っていくもの

体調悪いのに仕事に行ったら、周りにうつすかもしれないし、効率が下がるから自宅で休まないと会社に迷惑

 

 

まったく正反対のルールが成り立つのにね。

 

 

学校教育は、軍隊の制度だから

今とマッチしないのは当たり前なんだけど

 

 

僕らはもう

その教育を受けてきちゃったから

それをどうこうしても仕方ないし

 

 

硬くなった頭を、できるだけ柔らかくしていくことを

意識していきたいね。

 

 

ルーチン以外のことを何か毎日一つするっていうのも

柔らかくする方法の一つだと思うよ。

 

 

トランポリンがおすすめです笑

 

 

ってことで、今日はこの辺で。

 

 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

<今日の質問>

いつもの生活の中に何か新しいことは取り入れられませんか?

 

明日、ぜひ一つでいいのでやってみてください。

心も身体もリフレッシュすると思いますよ!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★