選ぶ


 

今日は、僕の主催する主人公プロジェクトの定期報告会

鎌倉にいます。

 

 

このメンバーになるには

一定の条件を満たして

かつ、試験を受けてもらい

合格したら、入団できるのだけど

 

 

入れる人を絞っているだけあって

なかなか濃いミーティングになっている。

 

 

今は、ワークをやってもらっていて

僕はフリーになったので

こうやってブログを書いてるけど

 

 

なかなか一人では苦しいようで

ちょくちょくヒントとなるような投げかけをして

またブログを書くというような感じだ。

 

 

3ヶ月という期間で

ここまで成長してきたのも

メンバーが個々に葛藤し、課題を乗り越えてきた証。

 

 

一人は、僕一人だったら絶対前に進んでいなかった。

ここにいるメンバーがいたからこそ

やろうと思えたし、今も進めていると言っている。

 

 

やっぱり、誰と一緒にいるか?

っていうのは大事だね。

 

 

何かを選ぶということは

自分の意志が反映されるから

 

 

自分の周りに何があるのか?

どんな人がいるのか?

自分はどんなスキルがあるのか?

 

 

って言うのは、自分を知るいいヒントになるよね。

 

 

ちょうど、この報告会で出た話題で

人に何かを説明するときは結果を言うかもしれないけど

別に結果が欲しいからやってるわけじゃない

僕が欲しいのは、その結果が手に入るその過程なんだよ

っていう事を言った。

 

 

ちょうど、お金とは何か?っていう事を話に出しているときだったかな?

 

 

結果を求める人っていうのは

その結果が手に入らなかったら絶望してしまう。

 

 

大学受験に失敗して自殺してしまうっていう人が考えているのは

まさにこの考え方で

大学受験で合格するという事を求めている

 

 

それが手に入らないから

自分を否定されているような気持ちになって

結果、命を断つという決断をしてしまう。

 

 

僕が思う大事なことは

選ぶと言うこと。

 

 

大学受験の結果というものよりも

大学受験をすると決めたその過程に大事なものがあると思っていて

 

 

なぜ、大学受験をしようと決めたのか?

その過程に、予想もしていなかった大切なものを得ている事が多くて

 

 

大学受験をしようと思った原因が

自分の知識を高めるためなんだとしたら

別に落ちた所で問題ないし

それにチャレンジしている事で得られるものがある。

 

 

だからこそ

何を選ぶのか?はとても重要で

何も考えずに周りがみんな大学受験をしているから

という理由で大学受験をしたとしたら

やりたくもない勉強をする羽目になって

しかも、結果が出ないとなったら

無駄な時間をすごしたと思ってしまう。

 

 

自分の頭で欲しいものを得るために

今やる事を選ぶ。

 

 

そうする事で、欲しいものを得る過程にも意味ができるし

そうしていく事で、スキルアップもする。

 

 

過程を楽しめる、楽しめないと言うのは

続けられる事に直結するから

 

 

結果も出やすいしね。

 

 

周りがやってるから

とか

こういう習慣でしょ?

とか

親から言われたから

ではなく

 

 

自分の心に聞いてみて

本当に欲しいと思うもののために

これからやる事を選んでみてはどうだろう?

 

 

道草を楽しめ、大いにな。

 

 

僕の大事な、ジンの言葉

心に正直に生きているのか

今を見つめなおしてもいいかもしれないね。

 

 

って事で、今日はこの辺で。

 

 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

<今日の質問>

今やっていることの、やろうと思ったきっかけはなんですか?

 

ぜひ、考えてみてください

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★