明確か、曖昧か


 

今日は仕事始め。

主人公プロジェクトのメンバーとミーティングで

そこで個々に課題がたくさん見えた。

 

 

そこで出た一言で

やってしまった事はしかたないので、あとはなんとかするしかない

という言葉が出た。

 

 

それはまぁその通りなんだけど

どうやって?

ってなると具体案がない。

 

 

なかなかに気力だけじゃ難しいというところだよね。

 

 

ティールの本を読んでいたけど

そこには人を4種類に分けられると書いてあって。

 

 

まずは、楽観主義なのか、悲観主義なのか

 

 

楽観主義というのは

これからの未来は良くなっていくと考えている人達。

 

 

悲観主義は逆で

これから悪くなっていくと考えている。

 

 

そして、もう一つの分け方が

曖昧なのか、明確なのか?という事。

 

 

曖昧なのは、具体性がなくなんとなくこうでしょ?

って言う感じ。

明確はその逆だね。

 

 

この二つをマトリックスにして4つに分類していて

 

 

明確な悲観主義の人達は

これから悪くなっていくから

具体的にこういう行動をとって行こうとしている人。

 

 

曖昧な悲観主義の人達は

これから悪くなっていくけど、具体的な行動は思いつかない

流れに流されていくって感じ。

 

 

曖昧な楽観主義の人も似たようなもので

これから良くなっていくけど、なぜなのかはわからないし

具体的にこうしていけば良くなるともわからない人達。

けど、なぜか、これからよくなっていくと思っている。

 

 

明確な楽観主義の人達は

これから未来は良くなっていく。

それは、なぜかと言うと世の中はこうなっていて

自分もこういった事をしていくからだ。

 

 

という行動になる。

 

 

今回、やってしまった事は仕方ないから、あとはなんとかするしかない。

というのは

究極的に曖昧な考え方で、なんとかすれば良くなると思っているから

楽観主義と言う事で

曖昧な楽観主義という事になる。

 

 

曖昧な楽観主義が、うまくいった時代もあって

高度経済成長の時のように

世の中全体が豊かになっていった時代は

曖昧な楽観主義でもうまくいった。

 

 

誰もがこれからもよくなると考えていたし

具体的な計画がなくても

流れに身を任せていれば、自分も良くなっていったから。

 

 

今は、いざなぎ景気以来の好景気と言われているけど

何も考えなくても良くなるという訳にはいかない。

特に、自分で未来を切り開いていく主人公であれば

なおさら自分の頭で考えて行動に移す事が重要だ。

 

 

どうにかするしかない。

 

 

この想いは大切だけれど

具体的な案がなければ、空回りする事だってありえる。

 

 

自分は、この4つのどこにいるだろうか?

 

 

僕は、明確な楽観主義だと思っている。

 

 

だから、具体的な案がないなぁと思ったら

相談するし

調べるし

知っている人を探す。

 

 

曖昧なままほったらかしにしておく事ができない人を

明確な人というからね。

 

 

NHKのチコちゃんに叱られるという番組があるけど

ボーッと生きてんじゃねーよ!

と、チコちゃんに言われないように

 

 

明確に行動していきたいなぁと思いますね!

 

 

ってことで、今日はこの辺で。

 

 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

<今日の質問>

今の自分は、4つのマトリックスのどこにいますか?

 

ぜひ、考えてみてください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★