ヒトと自然


この前
とある記事で
日本人って、自然を大切にする民族ですよね。
それなのに、雨を極端に嫌がりませんか?

っていう問いかけを見つけた。

あまり気にしてなかったけど
言われてみれば
確かに!!

っていう感じ。

イギリスでは
傘を持っててもささないっていうのは聞いたことがあるけど

雨に濡れるっていうのも
よく考えたら風情なのか。

って思った。

僕らは余裕を持つ事が大切ですよね。
って言って来たけど

余裕というのは
なんで持つほうがいいのかというと

視野を広くするためと
いろんな事に気づけるようにするため。

日々忙殺されていると
些細な変化に気づけずに
ただ単に毎日が過ぎていく
という事になりかねない。

せっかく生きているんだから
いろんな事を吸収し
自然からも力をもらって生きていきたい
よね。

上の記事を見た時に

そういえば
最後に傘をささずに雨に思いっきり濡れたのって
いつだろうなぁ

って考えたら

大学生の時くらいまで思い出せなかった笑

ってことは10年くらいは
雨に濡れようって思ったことがないって事だよね。

子供の頃は
雨でもキャッキャ言って遊んでた気がするけど

いつのまにか
雨に濡れるという経験から遠ざかり
自分から自然を遠ざけてたなぁって思った。

他にも
山へ遊びに行ったり
川遊びをしたり

もしかしたら
土にすら
今の人たちは触れていないかもしれない。

アレルギー大国として名高い日本だけど
長い間共存してきた自然と
隔離するような生活が良しとされてきた結果

外を排除する事が当たり前になり
熱を遮断し、風を遮断し
匂いも、音も排除した。

そうした不自然な環境で
本来自然に生きてきた人間が暮らしているわけだから

まぁ、何らかの弊害が起きても
不思議ではないのかなぁなんて思う。

少しでも余裕を持ち
周りの変化に敏感になって
世の中を俯瞰して見たい僕ら
にとって

自然と触れ合ったり
自然の力を借りることを
定期的に取り入れて行く

この排除の世の中で
少しでも中庸に近づくのかなぁって思う。

身の回りが整備されすぎている事は
必ずしも良い事とは限らないかもしれないね。

って事で、今日はこの辺で。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
<今日の質問>
最近自然と触れ合ったのはいつですか?

ぜひ、考えてみてください。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★