私には何が合ってるの?


最新の西洋医学検査のセミナー二日間が終わり
なんと修了証を貰いました。

一応検査結果を見たら
わかるレベルくらいにはなれたかなぁ。

尿検査だけで
ものすごくたくさんの事がわかって
今の技術は凄いなぁと思いました。

ひとまず
いろんな検査あるけど
全て受けてみようと思います。

自分の身体のこと知るって楽しいですよね。

また。。。

飲むサプリの量が増えるのか。。。

笑笑

アメリカのドクターがメインで話をしてくれるんだけど
ランチョンの時に
日本の先生が少しだけセミナーをしてくれて

その先生が言っていたことは

私達は探偵みたいなものなんですよ。
今持っている情報を読み取って
現に患者に起こっている症状がなぜ起こったのか?を推理していく。

これ。。。

当たり前だろ!
って思われるかもしれないけど

医者は推理なんてほぼしてなくて
検査結果を見てそれに対応する薬を出しているだけなんだよね。

何故なら

治療ガイドラインというのがあって
こんな症状だったら
この薬をまず使って
聞かなかったら次はこの薬を追加します。

とか言うのが決まってるわけ。

医者も保険を使って診療してるから
自由になんでもしていいって言うわけじゃないんだよね。

だから
推理する能力っていうのは
ほぼ使わないのが現状。

むしろ
東洋系の治療をしている僕らにとっては
推理するのが当たり前だから

この先生何当たり前のこと言ってんだよ!
って思うかもしれない。

自由診療をしているドクターを信頼できるのは
こういうガイドラインに沿わずに
自分がいいと思った治療が出来る事。

漢方が効くのも
患者が何故その症状が起こったのかを推理して
根本を解決しようとしてるからなんだよね。

だから
漢方は漢方でも
医者が出す漢方はほぼ効かない。

何故なら
ガイドラインに沿ってるからね。

僕が合うと思って勧めた漢方薬を
西洋の医者が見たら
おそらく
なんでこれだしてんの?
漢方の事知らないんじゃない?
って思うと思う。

武器は一緒だけど
治療のプロセスが違うんだよね。

今回の有機酸検査でもそうで

例えばシュウ酸の値が高かった。
普通の医者なら
じゃぁシュウ酸の値を下げるために
カルシウム出しときますね。

って感じだと思うんだけど
(や、おそらくシュウ酸の値なんて見ない事の方が多いからスルーするかもだけど)

今日の先生は
他の検査値を総合的に見て
患者へ日常の事を聞き

何故上がっているのか?
という根本原因を探っていく。

高いから下げましょう
少ないから補いましょう

っていう
これならこう。

みたいなガイドラインはないんだよね。

患者は一人一人生活が違うし
そもそも身体が違う。

だからもちろん
症状は同じでも
原因は異なるよねって感じ。

セミナーを受けてて
ほんと東洋系の考え方してるなーって思った。

時代は個別の時代になってきているし
その人に合ったものが受け入れられる世の中になってきている。

ダイエットにはバナナが良いですよとか
キュウリでパックするのがいいんですよとか

ゲテモノがテレビで放映されてるけど

みんな知りたいのは
いいっていう情報はわかった。
けど、知りたいのは
私には何が合うんですか?って事なんだよ!

って事だと思う。

あの人はこうだからと決め付けず
一人一人と真剣に向き合う
相手をよーく知る

僕らがいつも心がけている事が
治療でも活きてくると思う。

日頃できてない事は
本番では出来ないと思うから
日々、意識していかないとなぁって思います。

って事で今日はこの辺で

またまた丸の内のセミナー会場より
よっぴー

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
<今日の質問>
話を聞いている途中で
あ、たぶん相手はこう考えてるんだろうなって思って
先にこうでしょ!

っていう事はありませんか?

ちゃんと最後まで相手の話を聴くと
思ってた事と違う方へ話が行く事があって面白いですよ。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★