まさか、ここまでとは。。。


経験する
これに勝るものはない

そう思い知らされる体験をしてきた。

ここは、とあるレストラン。
完全予約制のお店だ。

コンセプトは
シンプル+オリジナリティー

ここの店主が言うには

和食に代表される
数々の料理は素材の味を引き出すと
よく言われるけれど

最高の素材を用意したとして
それを組み合わせてしまえば

相手の苦手分野を補い
お互いの長所を引き出す。

美味しくなるに決まっている!

けれど、それぞれの味を完璧に引き出しているか?というと疑問が残ると。

例えば鱧のお椀があったとして
見た目には鱧以外なにも使われておらず
鱧を最大限引き出しているかのように思うけれど

実際には
昆布、鰹の出汁を取ったエキスと鱧の絶妙な組み合わせの上に成り立っている料理であり

鱧の味を最大限引き出しているのか?
というと疑問だと

究極の話
鱧以外の何かを中に入れたら
全く別の料理として成り立ってしまう。

そうではないんだと

鱧の味を最大限引き出すというのは
何から何まで鱧なんだと

かといって
生のまま切ってそのまま出す
というのもそれを100%引き出しているか?
というと違う。

究極にシンプルにこだわり
そこに料理人としてのオリジナリティーと腕と哲学を入れ込む。

この人は
0か、100しかないんだろうな。

そう感じさせられるお店でした。

いつもミッションは
作るものではなく
発見するものだと書いてきているし

木坂さんや島田さんも口を揃えて
作るな!

と言っている。

僕らは自分のミッションを発見する事にさえ苦労しているのに
この人は
素材の持つミッションを発見しているんじゃないだろうか?
と、思うような料理の数々。

料理人が
素材に手を加えて余計なものを足し
人が美味しいと感じるように作るという人ではなく
(もちろん、余計なものではなく相性を見ているんだろうけど)

素材が持つ要素を最大限発揮させる。

素材の良さは
そこにすでにあるんだから
料理人はそれを見つけ
僕ら食べる人に教えてくれている人なんだ

そう感じさせてくれるお店だった。

一番美味しかったのは
オマール海老のビスクなんだけど

生きたオマール海老を調理しますね。
と、見せてくれた
わずか5分後

こちらが
さきほどのオマール海老です。

と、ビスクになって出てくる。

オマール海老とは
身はもちろん
殻も、ミソもハサミも足も
ぜーんぶで、オマール海老

決して身だけがオマール海老じゃない。

だからこそ
この出てきたビスクには
全て余す事なく使ってあった。

口に含むと
舌の上にザラザラした感覚があったし

口に入れた瞬間の鼻から抜ける香りが
不純なものは一切入っていない
オマール海老のみの香り。

そこらで食べるオマール海老のビスクは
濃厚さを出すために
生クリームやバターなどが入っているから

オマール海老の香りではなく
乳製品の香りと味がする。

ここのそれはまったくそう言ったものはなく
あまりの純粋な味と香りに感動が今でも続いているくらい。

なにせ使用しているのは
オマール海老一匹丸ごとと、水と塩のみ。

あぁ。。。

削ぎ落とすでもなく
付け加えるでもなく

ありのままが伝わってくる料理。

こだわりの強いお店や人と出会うと
頭の中の扉が一つ一つ開いていく感覚があるんだよね。

自分のこだわりの強さを見返すキッカケにもなるし…

普段僕らが選んでいるものを
こだわりを持った人のモノで固めていくと

もっともっと
自分の中にあるトビラが開いていって
今まで感じれなかったものを感じれるようになる。

というか
当たり前に通り過ごしていたものが
意識できるようになるっていうのが
ニュアンスとしてはあってる気がするな。

いつもと同じを繰り返すと
どんどん頭はサボっていく。

いろんな体験をして
自分の中の扉を開いていきましょう!

ちなみに、ここのお店
焼肉屋さんもやっていて
そこに書かれていたレビューがとてもわかりやすかったので読んでみて!

和牛への愛が世界一の店主による変態的な焼肉店です。
理解できない人には全く理解できない焼肉の数々が展開されますが、理解できる我々には最高のお店です。肉質、焼くためのマシン、焼き方、味付け、さらにはご飯に至るまで全てを計算し尽くしています。あくまでも、どこまでいっても焼肉であり焼かずに食べるということがありえないと言う店主のポリシーは口の中に一口入れるそのお肉を味わえば理解できるでしょう。

ほんの一切れのお肉を口腔内で一噛みすれば、至高の味わいとともに、口の中いっぱいに広がるジューシーな細胞から溶け出した独特の味わいで、脳内から体に至るまで一瞬で溶け出してしまうでしょう。

ただし、うまいものを食べ尽くした人でなければ絶対に理解できないお店です。興味本位で行く事はお勧めしません。ここへ来る前に、行っておくべき店はたくさんありますので、うまいお店を食べ尽くして飽きてしまった人にこそオススメできるお店です。

普通の人に理解出来る焼肉のお店ではありません。焼肉といっても肉を焼くことだけが他のお店と共通点であり、他の焼き肉屋と比較すると怪我をします。

コスパとか気にする人はご遠慮ください。

面白いですね笑

って事で
今日はこの辺で。

よっぴー

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
<今日の質問>
誰から何を言われようと
僕はこれを信じてるから

と、言えることはありますか?
ぜひ、見つけてくださいね!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★