大麻産業で有名な日本人


昨日は高城剛さんのトークライブに行ってきた。
なんと会場に昔の友達や島田さんも来ていてびっくり笑

グッズ販売なんかもあり
アーティストのライブみたいでした。

まぁ。。。

グッズ販売と言われたら買うしかないので。。。
列に並んでたら
昔の友達や島田さんとしゃべっている時間がなくて

なんだか
よかったのか悪かったのか。。。

ま、別の日に会えばいいからいいよね笑

内容といえば
『GREEN RUSH』

大麻の有用性は証明されているけれど
規制が多い植物なので、世界中でいろんな出来事が起こっている。

大麻産業について
世界の今と日本の今

そして、昔と今

それらを総合的に、多角的にみて

ちゃんと現状把握する。

そして、今僕らにできることはなんなのか?

既成概念を外して
物事をしっかり見る。

僕らはいつも
丁寧に全ての物事を見ていこう。
丁寧に相手と接していこう。

って言う事をしているけど

思い込みを外して目の前にあるものをしっかり見ましょう。

っていうメッセージと共に
1時間という短い講演は終わった。

僕が思っているよりも
世界は急速に
そして、着実に

けれど、人の意識の問題だから
ゆっくりと大麻に関するものは変わっていっている。

世界の研究者は
なんと日本人といえば
千葉大学の教授の名前をみんな言うらしい。

大麻は日本では作れないけど
なんで日本に有名な人がいるのか?

それは

植物の室内栽培のプロなんだそう。
この教授に言わせると
大麻だったら24毛作もできる!

って言っているらしい笑笑

なんとも効率的な栽培笑笑

そんな千葉大の教授
多額の出資を受け
アジアだっけかな
どこかの国で
先月、海外の企業と連携した大麻栽培施設が完成したみたい。

日本では禁止されているけど
海外から日本の技術が欲しいと言ってもらえる。

自分が好きな事を極めていった結果
時代が後押しして
世界から必要だと言われる存在になる。

まぁ、運もあるだろうけど

何かを極めた人というのは
どこかしら必要としている人がいるから

自分の好きな事は
どこまでも極めて行こうと思ったかな。

今自分の周りではなんでそんなことやってんの?
って言われるかも知れないけど

世界を見たら沢山の人から必要とされる

狭い世界で悩まずに
もっと視野を広く見て

まぁ

視野を広くとか関係なく
自分がこれが好きなんだ!
やりたいんだ!

って思うなら
周りになんて言われようがやり続ける。

これが大切だなぁと
改めて思った。

結果とか関係なく続けているもの
これを大事にしていきたいね。

って事で今日はこの辺で。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
<今日の質問>
ずーっと続けていることは何ですか?

ぜひ書き出して見てください。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★