失敗とは何か?

パーマをかけている頭にも
だいぶ慣れてきて

朝鏡の前に行っても
久保田利伸さんと間違えなくなってきたよっぴーです。

結構気に入ってる笑

さてさて、今日は
失敗とは何か?
っていう話をしようと思います。

昨日はあまりにも当たり前の事を話しちゃったから
今日は、ビジネスにも繋がる自己啓発的な話にするよ!

僕のブログを読んでくれてるってことは
何かしら成長し続けたいとか
挑戦していく人生を送りたいとか
もっといろんな経験をしたいとか

思っていると思うんだけど

その中で挑戦していく
って言う事について
常に付きまとってくる問題があって

それが
『成功』と『失敗』

この問題はいつもつきまとうから
早めにやっつけといた方が
後々同じ事で悩まなくてもいいかなぁって思うんだよね

ちなみにあなたはどっちのタイプ?



→今まで散々失敗してきたよ!

→結構成功してきた方だと思う


ふむふむ
ありがとう。

まず、挑戦といっても
ホリエモンみたいに
大々的にロケット飛ばして民間企業で初の宇宙ロケット作るんだ!

なんていう挑戦じゃなくても

TOEICで700点取るぞ!
っていうのも挑戦といえば挑戦じゃん?
(ちなみに大学時代TOEIC受けたら480点しかとれなかったのは内緒笑)

身近なところで
いろんな事が挑戦と言えると思うんだよね。

そんな挑戦だけど
僕らの中での挑戦って結構大きな意味を占めてるけど
周りの人からしたら

なんでそんな事してるの??

って言う事が多いはず。

ホリエモンが宇宙ロケットを飛ばす挑戦をしているのって
お金ある人はいいよねー

って感じにしか思われてないのが現実だと思うんだよね

本人は遊びなんかでやってるわけじゃなく
ちゃんと、会社を作って事業としてロケットを飛ばしているわけなんだけど汗

でね

例えばTOEICを受けるっていうくらいの挑戦だったら
周りは応援してくれるかもしれないけど

自分でビジネスを始めるんだ!とか
会社辞めて絵描きになるんだ!とか
大学中退して、別のことするんだ!とか

今までの生き方が変わるような挑戦をする場合
周りの人からの反対意見や陰口が
だいたいの場合付きまとってくる事になる。

俺のことなんだからお前に関係ないだろ笑
って言いたくなる気持ちがものすごく溢れてくるけど

周りの人たちが本当に僕らの事を心配してくれているのは事実。

その心配っていうのは

失敗したらどうするの?

っていう事なんだと思う。
誰でも失敗すると
恥ずかしい気持ちや、申し訳ない気持ち
またまた、悔しさだったり、情けなさだったり

いろんな感情を味わう事になるし

なんならお金もかかるんだから
生活はどうするの?

みたいな事を心配されるわけなんだけど

そういう人たちのアドバイスや心配は
挑戦した事がないから出てくる心配で

挑戦している人たちは
失敗の定義をニュアンスは違えど
『データが取れない事』
と、している事が多く

ホリエモンがロケットを飛ばして
宇宙空間まで飛ばずに途中でエンジン停止をしたとしても

今回の飛行データっていうのは
手元にあるわけだから

別に失敗ではない
っていう事になる。

何故ダメだったのか?
次はどこを改良すればいいのか?
そのために何が必要か?

っていう課題が
山積みになるからね。

今回のデータを使って
次にうまく飛ばせれたらいいわけだし。

と言うことはだ

僕らにとって
失敗するかもしれない
っていう不安は、今後一切なくなるっていう事になる。

何かやったとしたら
基本的には、何かしらのデータが取れる。

TOIEC受けたら
結果として、点数がわかるし
どこの分野が弱いのか?
なんて事がわかるよね。

だとしたら
それを次に活かせばいいわけなんだから
繰り返せば、いい点数取れるでしょ笑

僕らの問題は
失敗するか、成功するか?

ではなく

挑戦っていう事へのハードルを高く設定しすぎている事
1回だけでいいから挑戦させてくれ!

っていうスタンスに問題があるっていうわけ。

やりたいなら何回でもやれ!笑
って感じ。

やってやってやりまくった先にしか
成功なんてないんだからさ笑

結局は、データが取れない事
つまり、何もしない事っていうのが失敗なんだから

挑戦し続けないと
人生失敗の連続っていう事になるね笑

やった後悔より、やらなかった後悔の方が大きい
なんてこともよく言われるけど

これは、失敗してるからなんだと思うよ。

挑戦している限り失敗はありえない。

データ収集していきましょ!

って事で、今日はこの辺で
よっぴー



P.S.
今週末まで、無料相談実施してます。
下のLINEから友達追加して、相談してね!

友だち追加