自分の常識は周りと違うかもしれない

↑↑↑↑↑↑↑↑

この記事の補足や詳細、プラスアルファなどは音声で喋ってます!
こちらもオススメだよ!
★━━━━━━━━━━━━━━━★

予定のない日とある日の落差が半端ないよっぴーです。
昨日は予定詰め込みすぎた笑

さてさて今日は
自分の常識は周りと違うかもしれない
っていう事について話をしようと思います。

最近血糖値を常時測っていてわかったことは

僕は低血糖症である

と言う事。

血糖値については
めちゃめちゃ気にして生きてきたつもりだから
そのせいかな?

とも思ってるけど

まさか、こんなに数値が低いと思わないじゃん??笑

一般的な糖尿病のサイトで
僕の平均血糖値レベルをみてみると
・汗をかく
・不安な気持ち
・脈がはやくなる
・手や指が震える
・顔色が青白くなる

こういった感じの症状が出るらしい。

だけど
僕って、脈遅いし、不安な気持ちはあんまりないと思うし
汗は確かにかきやすいけど
おそらくここで言ってる汗をかくとは別だと思う。

朝は確かに顔が青白いのはあるかもしれない。。。

寝てる間とかの血糖値だと
頭痛・目のかすみ・集中力の低下・生あくび
みたいな症状が出るらしく

まぁ、寝てる間だし出てても気づかないかもしれないけど笑

そんな症状になったことは
まぁ、ないんだよ。

ちゃんと食事を取れば
血糖値が120とかになるから
測定器が壊れてるっていう事もなさそう。

これが僕の普通なのかなー?

僕がね
血糖値にこだわり始めたのは
大学生2年生の時の健康診断で

尿検査でスピッツに入れて提出するじゃん?

その結果が

尿糖++

だったのよ。

尿糖+
だったら、まだ誤差かな?
って思うけど

++って笑

再検査怖くてめっちゃ糖質減らして受けたから
再検査はスルーできたけど

あの時はビビったねー。。。

おばあちゃんが糖尿病あるから
これはっっ

僕あぶないかも!!!

なんて一人で盛り上がって
そこから糖尿病のことめっちゃ調べて

たぶん、誰よりも糖尿病の成り立ちについて簡単に説明できる自信あるわってくらい
調べた時期があって

そんなさ
学生だから?
血糖値を実際測ってどうにかするっていうことはしなかったけど

朝ごはんで食べてたコーンフレークがダメなんだっ!
っていう結論にたどり着いて
(本当かはわからないけど、説明はできる)

朝は、コーンフレーク以外のものにする!
って、あれからコーンフレーク食べてない笑

我ながら単純だなぁ、、、って思うけど笑

当時(今から15年くらい前)は、老化は酸化が原因で
りんごを剥いて置いておくと黄色くなっちゃうのと同じで

人の身体も細胞が酸化すると老けるから
酸化しないように、還元する食材を取ろう!

って言われてたんだよね。

ビタミンCとか、ポリフェノールとか
僕が学生時代の健康番組では
ファイトケミカルって呼ばれる

抗酸化作用のある物質の紹介がめっちゃされてた記憶がある。

ゴマのゴマリグナンとか
トマトのリコピンとか
ニンジンのβカロテンとか
ほうれん草なんかもルテインなどなど

よく考えたらそんな知識を今まで覚えてるって
やっぱり学生時代から栄養素に興味あったんだろうね笑

そんな抗酸化物質を取ろう!
って言われている中

糖尿病について調べまくって知った事実が
老化は、酸化もあるけど、糖化の方がもっとヤバイ!

ってこと。

酸化っていうのは、細胞と酸素がくっつく事で
細胞が錆びちゃう事だけど

糖化っていうのは、細胞と糖がくっつく事で
細胞が変質しちゃ事。

血糖値を測った事ある場合だったら
ヘモグロビンA1Cっていう数値を見た事があると思うけど

血液中の細胞に酸素を届ける働きをしているヘモグロビン(赤血球の一部)が
ブドウ糖とくっつくと

ベモグロビンA1Cっていう名前に変わって
その数を測ってるんだけど

ヘモグロビンとブドウ糖は
出会った瞬間恋に落ちるような関係じゃないから

ちょっとずつ時間をかけて仲良くなっていき
一緒になるんだよね。

だから
ヘモグロビンA1Cっていうのは
過去1〜2ヶ月の間に、どれだけ血中に糖があったか?の指標になってるわけ。

この糖は
どんなモノともくっつける超プレイボーイ。

さっき言った、赤血球ともくっつけるし
血管壁や、皮膚、内臓などなど

いろんなモノとくっつけて

例えば皮膚とくっついたら
シミや、シワなどの原因に。。。

ってなる事を知ったっていうわけ。

世の中は酸化に気をつけろ!
って言ってるけど
いやいや、糖化ヤバイって!!
って思って生きてきたんだよね。

そこから甘いもの大好きだった僕が
なるべく血糖値をあげない生活をはじめて
今に至るわけなんだけど

僕が若く見られるのは
この血糖値を気にして生きてるからなんじゃないかって
ちょっと思ったりもしてる。

けどまさか
低血糖だとは。。。

別に症状がないから問題はないし
無理に血糖値上げる必要もないと思うんだよね。

目標値っていうのはあくまでも
モデル人間がいると仮定した数値だから。

僕にそれが当てはまるとは限らない。

体温を上げたら免疫力が上がる!
って言われてるけど
低体温なのに、風邪をまったく引かないおばあちゃんもいるしさ

世の中の常識が必ず自分にも当てはまるとは限らないっていう
いい例だなぁって思った。

当たり前てその地域でも違うし
価値観によっても違うから

周りに流されず
自分の普通や当たり前はなんなのか?
っていう事を認識していくといいかもしれないね。

って事で
血糖値を測り始めて
何を食べたらどれくらい血糖値が上がるのか試すのが楽しくて
身体にわるそうなもの結構食べてるよっぴーでした。

では、また!