目の前の事に集中するけど、全体はちゃんと把握する

歯の治療法で削らない方法があるらしく
それいいじゃん!!
って思ったけど

案外高額で、どうしようか迷ってるよっぴーです。

まぁ、僕らも鍼治療1時間したら1万円とかもらってるもんね。。。

さてさて今日は
目の前の事に集中するけど、全体はちゃんと把握する
っていう話をしようと思います。

最近料理にハマってるっていうのは
周知の事実だと思うけど

ちょろっとやってるわけじゃなくて
元はどうなってるか?
っていうのを考えて料理をするようにしてるんだよね。

鶏のもも肉を買ってきた時に
一回丸めてみて
こういう足になってるはずだから

こっちが、モモ側でこっちがスネ側だよね。

って言うのを確認してみたら
案の定膝関節に当たる場所に軟骨が残ってることがあったり

モモ側には油が多くてスネ側は筋が多い
って言うのも人間と一緒だなぁって思ったりした。

ちなみに、骨があった場所には
硬いのがあることがあって
それは、取らないと食べた時にわかるレベルだから
なるべくとったほうがいいとか。

元の形を知ってるからこそわかってくると思うんだよね。

その延長で

〇〇の元っていうのを使わずに
イチから全部作る!
っていう事を心がけてはいて

これがなんというか
時間はかかるし材料もめっちゃいるしで大変!!

けど、その料理にはどんな食材が使われているのか?
っていうのを全部把握するって
鶏モモ肉の時と同じように
結構大切だと思うんだよね。

デミグラスソースが何からできてるのか?
ホワイトソースは何からできてる?
カレー粉って元は何?
ビーフシチューの素ってなんだ
ケチャップは?マヨネーズは?

こんなことを知っておくと
アレンジもできるよねーって感じ。

料理に限らず
全体像を知る事って大切だと思うけど

ラザニア作りを会社に例えると

ボロネーゼ作る部署があって
そこでは、ひき肉を炒める人がいて
玉ねぎのみじん切りをしている人がいて

ホワイトソース部門では
小麦粉を練る部署だったり
牛乳を少量ずつ入れていく部署だったり

ラザニア(パスタ)は買ってきてるから
外注って感じかな。

最後に、それらを容器に順々に敷き詰めていく部門がある
って感じ。

業務改善をしよう!
ってなった時に

それぞれで何をしているか知ってなかったら
改善できないってなるじゃない。

全体像を知って
細部がどうなってるかを知る。

ビジネスでも、料理でも
一緒だよねーって思った。

もちろん、作業中は目の前の事に集中する。

けど、今全体のどこをやってるのか?
なんのためにやっているのか?
って言う事をわかってないと

ただの作業になっちゃうから
全体を意識しつつ、目の前に集中する。

これができるのが仕事できる人なんじゃないかなぁって思った。

全体把握って
案件が多くなれば多くなるほど大変だけど

常に頭に入れておきたいね!

って事で、今日はこの辺で
よっぴー