【自分で解決!】皮膚系のトラブルの治し方

朝から不妊症の相談に乗ったり
ダイエットの相談に乗ったり

最近はやっぱり
健康についての知識を広めて行かないとなぁ
って思ってるよっぴーです。

何回も言うのめんどくさいから
記事にしちゃえ作戦!笑

さてさて今日は
皮膚系のトラブルの治し方
という話をしようと思います。

今日の記事は皮膚トラブルの患者さんが僕に相談してきた時に
まず最初にアドバイスする事なんだけど。。。

本気で治したいと思わないと
結構キツイから

あんまり実践する人いないんだよね。。。

けど、やれば絶対良くなる
肌トラブル解決法

行ってみましょう!!

★━━━━━━━━━━━━━━━★
身体に害のあるものは外に捨てる
★━━━━━━━━━━━━━━━★

まず、当たり前なんだけど
皮膚トラブルというのは
皮膚がちゃんと作られない
もしくは
皮膚から身体に不要なものを過剰に捨てている

ために、トラブルが起こっている状態なんだよね。

皮膚がちゃんと作られていないというのは
皮膚を構成する栄養素
タンパク質と油がちゃんと接種出来ていない
とか
アミノ酸から再合成する際のビタミンやミネラルが足りないっていうことが考えられるし

不要なものを捨てるというのは
食事で接種した不要なものを吸収してしまった際に
汗や、皮膚から、排泄しているっていうわけ。

現に
食事を吸収する場所である腸内環境と皮膚は密接な関係にあって
腸内が汚いと、皮膚にもそれが現れているし

中医学でも同じ考え方をしていて
肌と腸はつながっていると考えている。

最近は腸内環境を整えようというような広告も見た事があると思うけど
腸内環境を整えるとアレルギー症状が治るという経験をした事がある人も増えてきたハズ。

ってことで
まずは便通を整える事をしていくといいね。

便というのは
身体に不必要なものの塊。

食べ物を37度で放置しておくと
腐ってしまうのと同じように

腸内で不必要なものを放置しておくと
もちろん腐っていく。

腐ると毒素も出てくるから
便秘は毒素を身体の中に閉じ込める行為
とも言えるね。

すなわち
便秘っていうことは
腸の中はもちろん汚くて
となると、その毒は身体の中に吸収されてしまうから
身体の中も汚いとも言える。

不要なものは早く捨てるに限る!

ってことで
まずは便通を1日1回出るようにしよう。

そのために
野菜を食べるとか、水を飲むとか
いろいろあると思うけど

僕のおすすめは
善玉菌を増やすっていうこと。

実を言うと
腸の中は細菌が人の細胞の数よりたくさん住んでいて

ビタミンを作ってくれたり
食べ物を消化してくれたりする
身体にいい働きをしてくれる善玉菌

逆に、身体に悪いことをする悪玉菌

あとは、どっちでもない菌っていうのがいて
その中の善玉菌を増やすために

菌のサプリメントを取ることをオススメする。

飲んだら下痢になるっていう人もいるけど
それは、腸内のバランスが一時的に崩れた状態だから
飲み続ければよくなってくるはず。

人によって合う合わないっていう菌が存在するのも事実だから
こればっかりは色々試すしかないかな。

また、合う菌が見つかったとしても
数週間で違う菌に切り替えたり
いろんな菌を試して見るといいと思うね!

あ、必ず質問されるんだけど
ヨーグルトとか、納豆レベルの菌数では数が足りなさすぎるから
必ずサプリメントで取る事!

★━━━━━━━━━━━━━━━★
悪いものを入れない
★━━━━━━━━━━━━━━━★

身体から出す事ができるようになったら
次は、悪いものを入れない努力が必要。

身体に悪いものってなんなんだよ
って思うかもしれないけど

日本って、実を言うと
食品添加物の量が世界でみてもめっちゃ多い。

さらに、トランス脂肪酸の規制はないし
超危険なグリホサートっていう除草剤も野放しになってるから

毒にさらされる確率ってめっちゃ高いんだよね。

そんな添加物を排除するのももちろん大切なんだけど
それよりも
誰でも手に入るほど身近で
誰でもたくさん毎日接種していて
依存性が高い物質を止める事の方が治療アドバイスをしている上で重要だと思っていて

それが

精製された砂糖

砂糖はものすごく依存性の高い物質で
一度手にしたら辞めるのがものすごく難しい物質。

一説によると麻薬と同じくらいの中毒性があるらしいね。

けど、どの家庭にもあるし
毎日食べてるよ!

っていう砂糖が
なぜダメなのか?
っていうと

根拠となるデータがあんまり信憑性ないんだよね。。。

けど、砂糖を取りすぎた次の日は
花粉症が強く出るし、怠さや集中力のなさが出てくるっていう
僕の体感があるし

患者さんにしても
砂糖を取った次の日はアトピーがひどくなる
っていう事がよくある。

おそらく
砂糖の接種によって
砂糖をエネルギーに変える段階で
ビタミンB群を消費してしまうんだけど

免疫を司ってる白血球を作る時にもビタミンBが必要だし
いろんなタンパク質を作る際にもビタミンBが必要だから

砂糖にビタミンBを使ってしまったがために
ビタミンB不足になってしまったんじゃないかって
勝手に想像している。

けど

砂糖をやめたらアトピーがよくなる人続出しているから
試す価値はあると思うよ。

中医学だと
身体に湿気を溜めてしまう食材だから
湿気が身体に悪さをしているっていう説明ができるんだけどね。

★━━━━━━━━━━━━━━━★
肌をちゃんと作る
★━━━━━━━━━━━━━━━★

悪いものを出せる身体になった
悪いものを取り入れなくなった。

としたら次は

ちゃんと皮膚を作っていこう。

皮膚は上でも言ったけど
タンパク質と油で出来ている。

皮膚は
臓器の中でも優先順位で言うと低めの臓器

他の胃や腎臓や肝臓の方が大切でしょ。

なので、他の場所で栄養が余ってきたら
皮膚にも栄養が回ってくる。

タンパク質や油の摂取量が足りなければ
ガサガサ肌になるのは当たり前だし
アトピーにももちろんなるでしょ
って感じ。

なので
タンパク質は、プロテイン(植物性)を取ることをオススメするのと
油は、EPAのサプリメントを取って欲しい。

他にも足りない栄養素があれば補って欲しいけど
ひとまず誰にでも言えるのは
この二つかなぁ。

ちなみに、EPAは抗炎症作用もあったりするから
痒みなんかも止めてくれるかもしれないね。

★━━━━━━━━━━━━━━━★
まとめると
★━━━━━━━━━━━━━━━★

ざっくりこれだけは最低やってほしい
って言うことを話してみたけど

まとめると
・精製した砂糖を食べない
・腸を綺麗にする菌のサプリを取る
・プロテインとEPAのサプリを取る

こんなもんかな。

他にも
小麦製品や牛乳をやめて欲しいし
コンビニでの買い物は控えて欲しいし
化学物質をなるべく取らないで欲しいなぁって思う。

個別で相談する際には
どんな栄養素が足りないとか
プラスで言う事あるけど

お金をかけずに肌をよくしたいっていうのなら
砂糖・小麦・牛乳を辞める

これだけでも全然違うよ。

あ、控えるんじゃないよ
辞めるね。

ひとまず肌の調子がよくなるまではやめてみて
様子を見ながら食べていけばいいと思う。

お金をかけれるなら
サプリメントを是非取ってみて!

ステロイドや漢方薬に頼らなくても
食事を変えるだけでだいぶ良くなるからさ!

ってことで、今日はこの辺で
よっぴー