やっぱり情報共有だよね

うちにあるフライパンじゃ作りきれない量のボロネーゼを作ろうと思って
鍋で全ての工程をしたら
うちにはステンレスの鍋しかなく

鉄よりも熱伝導良すぎで焦がしちゃったよっぴーです。

ステンレス鍋って焦げやすくね?笑笑

さてさて今日は
やっぱり情報共有だよね
という話をします。

インターネット時代になって随分経ち
情報って無料なのが当たり前になってきたと思う。

ハーバードの授業がオンラインでタダで見れたり
YouTubeにいろんなマニアックなコンテンツがあったり
英会話だって、料理だって
わざわざ習いにいく人なんているの?

って思うくらい
自習で十分なコンテンツが揃ってる

一方でコミュニティーの時代に突入したわけで
一緒に学ぶという仲間が欲しい人が一定数いる事は確かで

仲間探しのためにオフラインでお金を払う
という選択肢はありそう。

ただ、知識が欲しい
技術が欲しいだけの人は
オンラインが使えてない可能性が高いから
これから生きてくのは辛くなるかもしれない。

そんな中

治療家と呼ばれてる人達は
何故か、自分の技術を披露するのを嫌がる人が多い。

盗まれたら困る
ってどこかで思ってるんだと思うんだけど

もし、自分で考えた治療法だとしたら
めちゃめちゃ危険で
そんな治療僕なら受けたくない。

医療は人体実験の積み重ね
というのを知ってるから

そんな人に自分の健康は任せられないって思うんだけど

どうも、エセ治療家を名乗る人達は
自分が考案しました!
って言いたい人が多い様子。

それに、人に広めたくない人も多く
代々受け継がれてきている技術
とか
一子相伝だから
とか

アホみたいな決まりがあって
情報を出さないという選択をしてる人の方が
圧倒的に多いのが現実。

西洋医学を見てみると
新しい情報は我こそ先にと情報共有して
論文で発表し誰でもその情報にアクセスできるようにしている

治療家と呼ばれる人達とは全くの逆の発想。

西洋医学が何故ここまで世の中に浸透したのか?
っていうのはここにあると思っていて

こうしたらこうなった
っていう情報はエビデンスと呼ばれるけど
これらの積み重ねが西洋医学には膨大にある事が大きい。

日本で漢方や鍼灸、その他の治療法が有名でない
もしくは、怪しいと感じられてしまうのは

情報共有をしてこなかった
治療家自身の問題って僕は思うんだよね。

あと、予防医学が流行らないのもその清だと思う。

僕としては
西洋現代医学で全て病気が治るとは全く思ってないし
西洋現代医学って、手術以外に治せる病気あるの?
って思うくらいで

代替医療にはかなりの信頼を置いてるんだけど

なにぶんみんな情報共有したがらないんだこれが。。。

僕個人が聞いたら教えてくれる事もあるけど
それじゃぁ世の中全体として良くならない。

大事なのは
患者さん自身が医学知識を持つ事だと思うから
全ての人に医療の触りくらいは当たり前に知ってもらいたい。

その前段階として
治療家同士が気軽に情報共有できるマインドを持ってもらうようにすると

患者さんへの説明も良くなるだろうし
自分の持ってるスキルに固執しなくなると思うし
気軽に教えたり教えられたり
お互いを高めていけるようになって

全体で見るともっと沢山の人を治せるようになる
そう思うんだよね。

まぁ、けど
弟子システムがまだ機能している業界だから
難しい部分もあるけど。。。

けど、古い考え方に縛られない
もっと広い心を持った治療家の集まりって
楽しそうだなぁって思うんだよね。

って事で、SWSに参加してる鍼灸師のリナと一緒に
治療家コミュニティーっていうのを作ってみた。

そこに参加してくれてる人が困ってる事や疑問に思う事なんかを
みんなに共有して
みんなで解決していく

古い治療家からしたら
参加だけして知識だけ貰おう
なんて思うようなコミュニティーを
ひとまず作ってみて

みんなの意識がどう変わっていくか?
治療家こそ情報共有が必要だよね!

って思ってもらえる
そんなツールにしていけたらなぁって思う。

ま!
参加資格は医療の国家資格を持っている人
かつ
コミュニティーに入ってる人から紹介される

だから

増えるのはまだまだ先になりそうだけどね。
興味あるなら僕からの紹介で入れるから
LINEから連絡下さい!

あ、学生も一応オッケーとしてます!
学生が未来に希望を持てるようにもしたいしね!

さーて
どうなる事やら。

楽しみだねー笑笑

また進捗があったら連絡しまーす!

よっぴ