人それぞれ違うんだから自分の事くらいは知っておこう

僕のオススメする商品ばっかりが並んでる
ウェブストアを開設しようとしているよっぴーです。

結構需要あると思うんだよね笑

さてさて今日は
人それぞれ違うんだから自分の事くらいは知っておこう
という話をしようと思います。

昨日は僕が主催している治療家コミュニティーの
第一回イベントだったんだけど

このコミュニティーは
毎朝僕らが
こんな症状の人がいますが、あなたならどういう治療しますか?
とか
こんな疑問があるんだけど、みんなどうしてる?

っていうような
普段疑問に思う事や、治療していることの共有を目指したコミュニティーなんだよね。

普段は、LINEを使って情報共有してるんだけど
昨日の初めてのイベントでは
zoomを使って実際みんなで喋りながら
この患者さんなら僕はこうするけど
みんなはどうしてる?

っていう感じで話し合った。

ドクターもそうだけど
治療家さんってその時々で流行りがあって

ドクターなら、この薬を使ってみようって
その日だけその薬をめっちゃ出してくることあるし

治療家さんなら
今日はなんだか首回り重点的にやってるなぁって患者さんは思う時あるかも笑

そういう時は
何か論文とか、他の医療者から情報を得て
実際やってみようって思ってやってみてることが多いハズ。

医療は実験だ!
って、僕は思ってるけど

医療者側としても少しでもこの患者さんがよくなるための方法を探してる
っていう感じだから

想いのこもった人体実験って感じ?

あくまでも実験なんだから、患者側も
これを飲んだら、これを受けたら100%そうなるんだって思わずに

医療者が言う通りになるかもしれないけど
そうならない事もあるんだよって思いながら
薬を飲んだり、治療を受けた方がよくて

むしろ薬を飲んだから、治療を受けたから
違う症状が出たり、逆効果になったりする事もある。

それはもちろん医療者側も望んでないし
起こそうと思ってやってるわけじゃない。

けど、個体差っていうのがやっぱりあって
人は、みんなそれぞれ違う生き物だから

ある人には効果があったけど
あなたに合ってるかはわからない。

結局やってみないとわからないから
実験じゃんって事ね!

けど、どうせ実験なら
ちゃんと自分で納得して実験した方がいい。

だから、医療の知識は自分で持とうよ!
って僕は思う。

別に専門知識じゃなくてもいいから
自分の体に関わる事くらいは知っとこって感じ。

医療者も、人間のことには詳しいかもしれないけど
あなたの事には詳しくない。

人は、個体差が絶対にあるから
蕎麦や、小麦、魚介類、瓜系とか

アレルギー起こす人もいれば、平気な人もいるし

アレルギーは出ないにしても
消化しやすい、しにくいっていうのが
人によって違う。

1日1杯のコーヒーは頭を活性化させるし
ポリフェノールも含まれるから抗酸化作用も期待できて若々しくいられるよ!
なんて、言われてるけど

僕の身体には、マイナスにしか働かない物。
これも、調べてみないとわからなかった。

『人間』を扱う医療者は、こんな事まで見てられないから
『自分という個人の事』は、自分が知っておく。

ここは忘れないようにしたいところだね!

誰にも当てはまるものなんて
この世にないと思うんだよなぁ。。。

って事で、今日はこの辺で
よっぴー