合う合わないじゃなく慣れ!

美味しんぼが111巻まである事を知って絶望してるよっぴーです。

まだ12巻。。。

さてさて今日は
合う合わないじゃなく慣れ!
という話をしようと思います!

何かおいしい料理の作り方が載ってるかなぁと思って
料理の漫画とアニメを見ようと思い立ったんだけど

やっぱりどれもバトル系。。。

不要な争いしすぎ問題笑笑

美味しいと思うものが美味しいでいいと思うんだよなー
って思ったんだけど

美味しんぼに関しては
昔ながらの味というか、本来の味をわからなくならないで!
っていう思いがめっちゃ伝わってくる。

化学調味料や添加物を美味しいと思い
化学調味料や添加物を求めるようにならないで!
っていう主張が一貫してあって

そこには凄い共感できるー!
って感じ。

けど、ここで思ったのが
美味しいものが美味しいでいいじゃん
って最初に言ったけど

化学調味料の味や、添加物の味で美味しいと感じる人もいるわけで
それも。。。まぁ。。。それでもいいと思うけど。。。
なんか違う気がするなぁって思えてきて

べ、別にマクドナルドが大好物でもいいんだけど。。。
いいんだけど。。。

けど
食事っていうのは必ず健康とセットだから
食事に気が行かない人が不健康になってるのは事実。
(食通が健康というわけじゃないよ!)

テレビ番組でこれが身体にいいよ!
って放送されたら
次の日スーパーからそれがなくなってる
っていう

単純な日本人特有なのか。。。

みんながこれ美味しい!と言ってるから美味しいはずだ
っていう食べログとかミシュラン的な業界の仕業なのか。。。

これがいいよ!

っていう絶対的な良いものなんてないから
毎日の献立の栄養素と、自分の身体が必要な栄養素がマッチしてるか?
っていう事が大切。

漢方の世界では
自分に合ってるものはどんなに不味い漢方でも美味しいと感じる

ってよく言われてる。

OS-1は、普段飲むとしょっぱいのに
汗だくの時飲んだら美味しいと感じるように。。。

たしかにそれもあるけど
限度があるだろうと。。。笑笑

実際中国に行って漢方出してもらったものはとても飲めなかったし。。。

たぶん自分に合った漢方が美味しいと感じるというのは
慣れの問題の方が大きいと思うんだよね。

おふくろの味が一番美味しいというのがその典型かなぁって。

昔はお母さんが家にいて
お母さんが毎日料理を作ってくれるのが当たり前だったから
お母さんが作る味が自分の中で当たり前で
昔は化学調味料も少なかったから出汁もカツオと昆布でとってた。

けど、今はいたるところに化学調味料があるし
何よりもみんな時間がない。

やっぱりやってて思うけど
時間がないと料理はツライよ。

もちろんウチには
ほんだしも、味覇もコンソメもブイヨンも揃ってるし
昆布茶なんかもあるし

使うのはいいと思うんだよね。
ただ、それが本来の出汁の味だと思わな事が重要っていうか
使いすぎて、それが普通と思わない事が重要で

自分の口を化学調味料に慣れさせないためにね。

健康に生きるために一番大切な事は
調味料にこだわる事だと思ってるから
精製した塩や砂糖を使っている合成の調味料や化学調味料に慣れちゃうと

高血圧や、腎臓や肝臓の病気かかりやすくなると思う。

今日食べたもので明日の自分の身体は作られる。

ここをほんと忘れないようにして行って欲しいなぁと思います!

って事で、今日はこのへんで!
よっぴー