自分にもっと踏み込む

朝が寒くて、もうそろそろ羽毛ぶとんの季節か。。。
なーんて思ってるよっぴーです。

流石にまだ早い

さてさて今日は
自分にもっと踏み込む
という話をしようと思います。

うちにはテレビがないけど
それは全然困らなくて
ご飯食べてる時は大きいモニター(机の縦幅くらいある)を携帯とつないで
アマゾンプライムとか、YouTubeとかみてる。

僕も嫁もアニメ好きって事で
ドラマはほとんど見ない。

ニュースなんてみても仕方ないし
バラエティーは、見る時間もったいない。
※あくまでも個人の感想です

そんな中
『僕だけがいない街』
っていうアニメを嫁からオススメだから見ようと言われ見たんだけど

僕のアニメ史上No.1じゃないかと思うくらい良いアニメで
みんな是非見てほしい。

調べたらドラマもやってたみたいで
アニメとは結末が違うみたい。

何がいいって

『自分に踏み込む』

っていう勇気を持っているか持っていないかで
人生こんなに変わるんだっていうのがよくわかるアニメになってる。

なんか日本人特有なのかわかんないけど
どこかいい子ぶるトコロとか
遠慮しがちなトコロとか
素の自分を隠しちゃうトコロとか

誰しもあると思うんだよね。

一歩踏み込んだはいいものの
踏み込んだ先に何もない人間だったらどうしよう
つまらない人間だったらどうしよう
っていう不安だってある。

そうやって、一歩引いて人生を歩いてると
結局は、誰かの思うように世界が動いちゃって
自分は何もしてないのになんでこんな事が起こるんだ。。。

っていう事態に陥っちゃう。

知らず知らずのうちに
周りに流されてる事になるから
予期しない事への対処は出来ないし
何が起こってるのかさえわからない。

自分から一歩踏み込んでいくと
自分から世界が作られていくから
予期しない事への対処はソコソコできるだろうし
何よりも何が起こっているのか?はわかる。

先が見えない不安は何よりも辛いからねぇ。。。

このアニメは
自分に対して一歩踏み込めず
何も上手くいかなかった主人公が

過去にタイムリープして
クラスメイトが殺された連続殺人事件を起こさせないようにする物語。

主人公が、過去に戻り
自分に対して正直に
これがしたいんだ!という想いを素直に実行する事で

今が変わる。

今と過去をタイムリープしてしまうからわかる
その対比がほんと面白い。

自分ができた事をやってこなかったから
クラスメイトが殺されてしまった。

あの時こうしていれば
っていうのは後悔してるんじゃなくて
こうしていれば出来たはず
っていう言い訳をしてるだけだ!

って主人公が言っていたけど
まさにその通りだなぁって

自分に踏み込む勇気

その勇気が
周りの人間の心と命を救っていく。

そんな、今僕らに必要なアニメだったなぁって思った。

将来のことを気にして生きても仕方がないし
他人に気遣って生きても仕方ない。

お前は誰だ?

って、言われてるような気がして
僕もまだまだやり切れてないなぁって思ったかな。

未来は常に白紙だ!
自分の意思だけがそこに足跡を刻める。

主人公も、自分に嘘をつかず
今できることを一生懸命やったから未来が変わった。

僕だけがいない街

っていうタイトルも
主人公が寝ている間に
本来はなかった未来が築かれていっていて

いろんな人が幸せに暮らしてる。

主人公が踏み込んだ結果
主人公以外のところで変わった周りの人の素敵な未来

その時の勇気で、未来全部が変わるんだって。

ほんのちょっとだけ勇気を出すのは今かもしれないな。
なーんて思った雨の秋でした。

ってことで、今日はこの辺で
よっぴー