健康は作るもの

新そばの季節って事で
新そばを食べてきたよっぴーです。

やっぱり、新そばは風味が違う!

さてさて今日は
健康は作るもの
という話をしようと思います。

僕が情報発信をしている基本となる姿勢というか
もちろん治療する際ですら言える事は

僕のアドバイスは全て健康を手に入れるためのものだ

っていう事。

病気を治すための方法ってなると
治療ってことになると思うけど
僕がしたいことって治療じゃないんだよね。

一応分類としては、治療家っていう分類に入ると思うんだけど
やってることは、治療じゃなくて健康作り

長生きっていう事がテーマっていうわけじゃないけど
健康ってさ
実を言うと、自分の手でちょっとずつ手放しちゃっているもので

親から生まれた時って健康そのものなわけだけど
(一部、アトピーとか親からの毒をもらって生まれてくる子もいるから、その場合は解毒から始めないといけないけど。。。)
そんな健康体の身体を維持していくことが必要なのに

どうも食生活を含む、生活習慣の乱れによって
健康を徐々に手放して行ってるのが現実。

世の中はとっても便利になったけど
実際のところ身体にいいか?っていうと疑問だったりする。

保存が利くからといって、保存料(化学物質)を使ったり
育てやすいからと行って、除草剤を使ったり
便利だからといって、携帯電話を使ったり

言い出したら、石油やビニールでの大気汚染。
ビニールだと、環境ホルモンの影響なんかもあるね。

ま!

昔と比べて寿命は伸びてるし
現代への発展は悪いことじゃないと思うんだけど

引き換えにいろんなものを犠牲にしてきてるっていう事を認識しておきたい。

言ってみたら、何も考えなければ
徐々に健康を手放してしまってるんだっていう事ね。

電磁波、環境ホルモン、食材汚染、空気汚染、水質汚染
いろんな害が身体に常に降りかかってる。

それを免疫力とざっくり言っちゃうけど
免疫力でカバーし続けてるわけ。

年齢を重ねるごとに解毒の力は弱くなるから
注意してないとどんどん健康を手放して行っちゃう。

身体に異常がないからって言って
何も考えずに過ごしていると
何十年後かに痛い目にあってしまうかもしれない。。。

なにせ
腎臓は50%以下の能力まで落ちないと検査値にひかかってこないし
肝臓なんて15%しか機能してなくても本来の機能を果たせたりする。

かなり余裕を持って僕らの身体は作られてるから
そこが余計に気付きにくい原因になってるんだよね。

親が健康に気を使う人だった場合
健康に気を使うのが当たり前(本人は気を使ってると思ってないだろうけど)になってるから
別に気にしなくてもいいと思うんだけど

全くの無知だと
いろんな影響が起こってくる。

アルミ鍋、精製塩、精製砂糖、外食、コンビニ食、マーガリンなどなど
あとは、運動習慣とか、汗をかく習慣とか、お風呂に浸かる習慣とかね。

僕らは生まれたら周りは毒だらけなんだと認識して
なるべくそれらを避けるように生きていく。

毎日何を選ぶか?が、明日の自分を作ってる。
だから
健康は、自分で作っていくもの

しっかり意識して
病気にならないようにしたいなぁって思うね!

って事で、今日はこの辺で
よっぴー