お茶ってなかなか飲めるものないんだよね

なんだか、最近は興味ある事が
どんどん身近になってるなぁって思う。

Facebookみたら、僕好みのイベントを教えてくれるし
YouTubeをみたら、興味のある動画が置いてあるし

便利な世の中だよねー笑

さてさて今日は
お茶って実はなかなか飲めるものないんだよね
っていう話をしようと思います。

昨日は自然栽培フェスっていうのに行ってきて
規模はあんまり大きくなかったんだけど
とても有意義な時間を過ごせた。

なんてったって
何を買っても有機栽培、無農薬をうたってる農家さんばっかりで
(まぁ、実際はわからないけどね)

けど、最初は疑ってお店の人に聞いていくと
ちゃんと質問に答えてくれる。

しかも
来るお客さんは有機栽培に興味ある人ばっかりだから
めっちゃちゃんとしててびっくりした。

目に留まったのはお茶屋さんだったんだけど
お茶って選ぶのめっちゃ難しくて

葉っぱを煎じて飲むわけでしょ?

お茶の木にも、もちろん雑草は生えるわけで
その雑草を生えないように除草剤を撒くわけだけど

お茶の木って、めっちゃ背が低いのよね。
たぶん、土だけに除草剤をかけるのは無理じゃないかと思う。

ってことは、上から散布するわけで
もちろん葉っぱにも除草剤はかかる。

水には少し溶けるから
雨によって少しずつ洗い落されるかもしれないけど
安定性は1ヶ月ほどあるみたい。

果物とか野菜だとさ
皮を剥いたら、外側についてる農薬は皮と一緒に捨てれるけど

お茶に限ってはそれができないでしょ?

しかも、お茶って煮出すから
お茶の周りについてる何か
もしくは
お茶の葉に含まれる何か
も、一緒にお湯の中に出てくる事になる。

お茶の表面についてる何かを洗おうってしたら
お茶の成分が出てきちゃうからできないでしょ?

ってこともあり

お茶選びは、慎重にしないと
どんどん農薬を飲む事になってしまう。
(もちろん残留農薬検査はしてるよ!国が大丈夫って言ってる数値を信用してないだけ)

特に、抹茶

抹茶なんて、葉っぱを擦り粒して全部飲むんだから
本当にちゃんと作ったやつじゃないと危険。

って事で
今回有機栽培フェスで出会ったお茶屋さんのお茶について
いろんな事を聞いたら

有機肥料を一回だけ使ったもの
とか
完全無農薬で作ったもの
とか

分けて売っていて
めっちゃ信頼できるじゃんって笑

って事で、粉末のお茶を買ってきましたー!!

安心して飲めるって幸せだヽ(*・∀・)ノ

知れば知るほど
飲めるもの食べれるものが少なくなっていくけど

うまくそれらと付き合っていくってのが大事かな。

よっぴーのせいで
お茶飲めなくなったじゃん!
どうしてくれんの!!

もういい!
コーヒーにするわっ!
って、コーヒーはカビ問題があるから
もっと怖いぞ笑

お水を飲みましょ!

お茶もコーヒーも嗜好品であり
昔は、漢方というか、効果がある物っていう認識だったもの。

事あるごとに飲むものじゃなくて
体調と合わせて飲むようにできるといいね。

って事で、今日はこの辺で
よっぴー