両極端だけどそれでバランスが取れてる

少しずつ涼しくなってきて
澄んだ空気の中

お気に入りのカフェでカフェラテを飲みながら
ブログを書く。

優雅だ。。。

あ、カッコつけてすいません。
よっぴーです。

コーヒー飲むと胃がムカムカするんだけど
ここのコーヒーだったら大丈夫なんだよねー。

さてさて今日は
両極端だけどそれでバランスが取れてる
と言う話をしようと思います。

なんだか最近
1日1冊のペースで本を読んでいて
勉強熱心?な日々が続いてる。

当たり前だよねー
っていう事が書かれている本もあれば

え!
なにそれ!
おもろ!!!

って思うのまでたくさんある。

昔はさ
本を読むって言ったら
次にそれを読まなくていいように
隅々まで目を通して暗記する

みたいな感じだったんだけど

そんな読み方してるとさー
本を読みたくなくなっちゃうんだよね。。。

最近は、本を読み慣れてきたから
だんだんそうじゃないかもしれないって思えてきて

全てをくまなく読むのは、大学で終わりでいいよね?
って感じで、諦める事ができるようになってきた。

別に全部暗記する必要なんてないし
っていうか、本って基本的には
筆者が言いたい事は1つしかないわけで

それを汲み取れればいいっていうか
その結論に至った過程を知れればそれでいいって感じじゃない?

一文字一文字逃さずに読む!
ってするのって

最近では
哲学書を読むときくらいになっちゃったかなー。

流石に哲学書を流し読みで理解できるほど
頭が良くないっていうか笑

知らない単語多すぎ問題もあるし
『それ』が指す言葉が3ページも前に書いてある言葉だったりもするし
同じ行、同じページを何回も読み続けるなんて事も往往にしてあるし。。。

そんなめんどくs。。。(ゴホン
いや、難しい本を読むのにはかなりの体力が必要だけど

健康関連の本だったら
基本的には知ってる単語しか出てこないし
情報も半分くらいは知ってる事になるのかな。

だから、逆に言うと1冊読むのがとっても楽チン
知ってるところは読み飛ばせるし
1ページ1秒で読もうと頑張ったら読めるレベル。

そこに乗ってる単語を拾って
なんとなくこう言う事を言ってるんだろうなーって感じで。

速読したいって昔から思ってて
頑張ってやってみたけど

漫画でさえ、そのキャラクターが喋る速度でしか読めないから
本なんて絶対無理ー!
って諦めてたんだけど

得意分野の本だったら
なんとなくできるようになってきた気がする。

あ、けど
速読のやり方の正解なんて知らないから
これがあってるのかはわからないけどね笑

さーっと読んで
単語を拾って
なんとなくわかるって感じ。

なんか、ここまで言ってきて
なんか同じような体験をしたことあるぞ?

って思い出して・・・

なんだかなー。。。
そんな適当に生きてないんだけどなーって思ったら

外国人と喋ってるときだって思った笑

何言ってるかサッパリわかんないけど
その中で数個聞こえてくる知ってる単語から連想して
たぶん、こう言ってるんだろう
みたいな感じで外国行くと喋るんだけど

それで意思疎通できてたりするんだよね。

うん。

めっちゃ適当に生きてたわ。
数行前の自分何言ってんだ笑

本だってさ
本と会話をしているのと変わらないから

本が言ってる事の断片を読んで
頭の中で完成させる。

そうすると、なんか速読っぽく読めるんだよね笑

もちろん、調子に乗って早く読んでたら
いきなり意味不明な単語出てきて
数ページ戻って読み返す事もしばしばあるけど笑

けど

外国行ってもこんな感じで通じてるし

普段から
こんな適当な感じでもいいかもしれないなって思った。

力まずに、かるーい感じで

もちろん、しっかり聞かなきゃいけない時は
しっかり聞ける事ももちろん大切だけどね。

本だったら
精読するっていうのかな。

きっちりするときはきっちりする。
力抜いていいときは力を抜く

両方できないとなって思った。

得意なのは
力を抜いてやる事と、一生懸命やること
どっちですか?

両極端もできるようになると
バランスいいかもね!

って事で、今日はこの辺で
よっぴー