考える事が多いと喋るのも簡単

今週末に開催するセミナーがほぼ完成し
あとは収録する方法と、それを配信する方法を探してるんだけど
なかなかいいツールがなくて困ってるよっぴーです。

このままだと、録画配信になってしまう
(すでにセミナーじゃない笑)

さてさて今日は
考える事が多いと喋るのも簡単
っていう話をしようと思います。

最近音声配信が楽しくて
音声配信に力を入れてるんだけど

テーマ選びによって10分がめっちゃ長く感じる事もあるし
10分に収まりきらない!!
って思う事もたくさん。

自分の中で話を切り出して
その話にいろんな体験を付け加えて行って
最後に結論を言う

起承転結って昔から言われてるけど
僕には、転ができないっぽい。

意識してないだけかもしれないけどね。

セミナーなんかは
ちゃんと伝えたい事がこれで
そのために必要な事を書き出して行って
それを説明していったら
1つのセミナーになる
っていうイメージなんだけど

音声だと、今日のテーマはこれにしよう
って決めて、ぶっつけ本番で喋り出すから
喋りながら次何の話をしようか考えなきゃいけなくて大変。。。

けど、そんな中でも
言葉がどんどん出てくるっていう話題っていうのがあって

それは、ずーっと昔から言っている事だったり
いろんな人に質問されて詳しく答えてきた事だったり
もしこうだったら、こうなるでしょって言うのを頭の中で物凄く考えた事。

まぁ、当たり前ではあるんだけど
考え抜いた事って、考えるより先に言葉が出てくるよなぁって感じ。

鍼灸治療をしている時に
身体が刺してほしい!
って言ってる場所に勝手に手が止まるって感じ。

考えなくてもできる

そんなレベルまで考え抜いた事だったら
そらぁ、言葉がつまる事もないし
どんどん言葉が出てくるよなぁって思う。

あとは、今熱中してる事なら
何故熱中してるのかとか
何がそんなに惹かれるのか
とか言ってたら10分とか一気に過ぎそう。

これ。。。

考え抜いたってさっき言ったけど
情報を情報として頭に入れる事をインプットって呼ぶけど

考え抜くって言う行為は、情報などを自分の頭で腑に落ちる形に変形した
って言う事が言えると思うんだけど

それって、アウトプットっていう事なんだと思うんだよね。

本を読んでても
へー!いい事書いてあったー!
で、終わるのは、インプットで

その後その知識を使う事ってなかなかない。。。

本を読んで、こんな事あるのか!
やってみよう!
僕の場合は、こうしたらいいかな

とか言うように、自分ごとに置き換えて実際やってみると
アウトプットになるから

頭に残るし、人に伝える時も実際自分ごとになってるから伝えるのは簡単。

人に何かを伝えるのが苦手
っていう場合は

情報を知識として持っている場合が多くて
情報を経験にできてないんじゃないかなぁって思う。

人の話を聞いても
自分ならどうする?
自分にはどう活用できる?

なーんて考えながら聞いてると
身に付くレベルが段違いになると思うよ。

アウトプット前提で、インプットする。

これを忘れずにいろんな事をできたらいいなって思います!
そのために、文章を書いたり、喋ったり、伝えたりするのは

とーってもいいと思うので、ぜひやってみてね!

って事で、今日はこの辺で
よっぴー