お風呂の健康パワー③

★━━━━━━━━━━━━━━━★
今日の音声を聞くにはここをクリック
★━━━━━━━━━━━━━━━★

昨日作った明太クリームソースのドレスドオムライスがめっちゃ美味しくて
一口食べた瞬間嫁と顔を見合わせ
おいしぃぃぃ

って言ったよっぴーです。

作ってる途中のチキンライスの時点で美味しかったし
クリームソースの時点で美味しかったから

合わせたら美味しいに決まってる笑

さてさて今日も
お風呂の健康パワー
の続き!

と言う事で
ここ二日間は、お風呂に入ろうぜっ
めっちゃオススメだぞ!

っていう話をしてきたけど

お風呂は、気をつけないといけない事もたくさんあるんだよね。

どんな人でもお風呂はいいの?

それは、昨日も言ったように
お年寄りは、脱水が起こりやすい。

脱水って、水だけがなくなるんじゃなくて
身体の中のミネラル分も一緒になくなるから
ちゃんとミネラルを一緒に摂る必要があるって事も昨日は言ったけど

高血圧な人って
お風呂入ってもいいの?

っていう疑問を持ってる人もいると思う。

よくさ
冬場のお風呂で高血圧が悪化して脳卒中で倒れたとか
ニュースになってるじゃない?

それってなんで起こるねん!?

っていう話なんだけど
お風呂に入ると基本的にはリラックスして
毛細血管が広がるよね。

ってことは、血液の通れる範囲が広くなるから
血液が血管を押す力は少なくなる

ってなわけで、血圧は下がるんだけど

水圧の影響で、呼吸数が減り
心拍数が増えてしまうから

血液の流れる速度が速くなると
血液が血管を押す力は強くなるから

血圧は上がる方向に働く。

けど、それ以上に毛細血管が広がる恩恵が大きくて
実際は血圧が下がるんだけど

問題は、お風呂から上がった時だ
お風呂の中は熱いから毛細血管が広がったまんまだけど

そのまま急に冬の寒い脱衣所に出てしまったら
身体は急に寒い!!
って思って体温が下がらないように毛細血管を縮めろ!

って命令する。

そうなると
心拍数が上がってるのに
さらに、毛細血管も縮んでしまうから

血圧がいつも以上に上がってしまうっていう状態に。。。

これは、お風呂に入る前も同じ現象が起こって
お部屋の中でぬくぬくしてたのに
脱衣所は寒い、しかもお風呂の中も寒い

早くお湯をかかりたい!
って思ったことあるでしょ?笑

お湯をいきなりかけても
身体はびっくりして交感神経興奮しちゃって
血圧が上がるから

冬場でお湯をかかる時は
寒いけど、足元からゆっくりかかろう!

その他の研究

昨日は
42度以上のお湯はやめとこうっていう話をしたんだけど

実は、42度のお湯に10分浸かった時
運動のパフォーマンスが上がるっていうデータや
不妊症が改善するっていうデータ

それ以外にも
メタボの改善が見られたとか
免疫力が上がった

なーんていうデータもあったりするんだよね。

面白い研究が世の中にはたくさんあるね!
交感神経や副交換神経だけじゃ語れない事もたくさんあるんだよねーって感じかな。

もちろん

血圧の上昇や下降が関係することは
血管がもろくなってる場合は慎重にした方がいいと思うから

日々の糖質に注意している人は
好きにお風呂に入ればいいと思うけど

何も考えてない場合は
やっぱり、40度くらいのお湯がいいんじゃないかなーって思います!

やっぱり何事もほどほどに
が、いいんじゃないかな。

けど、長年日本人に愛されてきて
習慣になっているお風呂文化だから

ちょっと知識をつけて
お得に入った方がいいと思うんだよね。

自分にあった方法でお風呂を利用していきましょ!

って事で、今日はこの辺で
よっぴー