ビタミンDの不思議

★━━━━━━━━━━━━━━━★
今日の音声を聞くにはここをクリック
★━━━━━━━━━━━━━━━★

実家に帰ってきてから
麻雀三昧のよっぴーです。

普段は花札三昧なのに
おばあちゃんが麻雀にハマってるから(^◇^;)

さてさて今日は
ビタミンDの不思議
という話をしようと思います。

僕がビタミンの中で一番大切だと思っているのは
ビタミンCでもビタミンBでもなく

ビタミンD

マイナーなビタミンだから
気にしてない事も多いと思うけど

ビタミンDは
コロナやインフルエンザが怖い人は特に気をつけた方がいいビタミンで
僕もブログでは何回も取り上げてるから
マメにブログを見てくれてるなら

知ってるよ!
またかよ!

って思うかもしれないけど(^◇^;)

けど、それくらい重要なビタミンなんだよね。

このビタミンDって
よく太陽の光に当たりなさいって言われてると思うけど

なんで太陽の光が関係あるの?
って思うじゃん?

このビタミンって面白くて
みんなが嫌ってるコレステロールから
自分で作ることができるビタミンなんだよね。

コレステロールが太陽の光に当たると
化学反応が起こって
ビタミンDになる。

このビタミンDって
そこから肝臓と腎臓で代謝される事によって
身体で使える形(活性型)になるんだよね。

食べ物やサプリでビタミンDを摂ったとしたら
コレステロールから太陽の光を使ってビタミンDを作る
っていう過程をすっぽかして身体の中にビタミンDを補給できる。

けど

肝臓と腎臓の働きが弱ってると
ビタミンDを代謝する能力も弱っちゃうから
活性型にしにくくなっちゃう。

それに
その人その人で体質って違うから

肝臓や腎臓で活性型にする能力が元々弱い人なんていう場合もあって
それは、DNAを調べたらわかるから調べてみるのもいいと思うよ!

また、コレステロールから太陽の光でビタミンDにするっていうのも
人によって個人差があるし

やっぱり人ってみんな違うんだよね。。。

個人差が結構あるもんだから
日本の摂取基準量っていうのは

600 IUなんだけど

アメリカなんかでは結構たくさん飲んでも大丈夫とも言われていて
僕が調子悪い時に飲むビタミンDのサプリは

5000 IU入ってる。

めっちゃ多くない?
って思うかもしれないけど
人によっては1万 IU飲んでる人もいるし

ほんと、標準量なんて意味ないなぁって思う。

DNA調べるか
自分の身体で実験するしか適量なんてわからないしね!

母乳で育てているお子様は
母乳にはビタミンDが不足しがちだから
自分の力で作る必要があって

太陽の光を浴びる事がとっても大切になってくる。

早期出産なんかの時は
紫外線ランプの付いた保育器に入れられるのはそのため。

食事でビタミンDを摂ろうと思ったら
鮭や鮪、鯖なんかの大型の魚類
それと、キノコ類。

大型の魚類は、水銀問題があるから
たくさん食べるのはちょっと。。。

って思うから
キノコから摂るのがいいかな。

ま!
風邪引くかも?
って思った時とか
花粉症の時はサプリメント推奨だけどね。

だから家に常備しておくのがオススメ!笑

これからお正月で病院がやってない場合も多いと思うから
自己管理をしていかないとね。

今年も楽しい一年でした!
来年ももっともっと楽しい一年にしていきましょ!

って事で今日はこのへんで。
よっぴー