病気を持っている人が最初にするべきこと。

さてさて今日は
病気を持っている人が最初にするべきこと。
という話をしようと思います。

普通病気を患うという言い方をしますが
僕はどっちかというと、病気を持つという言い方の方が正しい気がしていて

病気は装備品だと思うんですよね。

自分で選択して持っているものだからです。

もし僕が糖尿病予備軍として
糖尿病を持ち始めたら

急いでそれを手放すために行動します。

しかし、糖尿病になってしまった人というのは
手放すタイミングはいくらでも合ったハズなのに
未だ持ち続けている。

アトピーや喘息なども同じです。
治らないと言われている病気を持っている場合だってそう。

毎日自分が選んでいるたくさんのものの中で
病気を引き起こす事を自分で選択しているんだ。

という事を忘れて
薬を飲めば治るんだ
と、他人任せに自分の健康を蔑ろにしています。

まずは
自分の選んでいるものを見直しましょう。

一番わかりやすいのは食生活です。

病気によって
どの食材がダメなのか?
は、違ってきますし

人によって
どの食材が合わないのか?
は、違います。

自分で調べる、自分で気づくしか方法はないんです。

ブログでいろいろな病気の治し方を紹介しているので探してもらえればと思いますが
大抵の病気に当てはまる事が

糖質を大幅にカットする。

これに尽きます。

心の病気から、肌の病気、循環器系、ガンにいたるまで
ありとあらゆる事の原因が糖質過多。

ひとまず、1日にどれだけ自分が糖質を食べているのか把握する事から始めましょう。

あまり食べ物の数字を言うのは好きではないのですが
病気を持っているのであれば
1日10グラムを目指す事をオススメしますよ!

一度病気を手放せば
そのあとはちょっとくらい多めにとってもいいので
病気を手放すまでは頑張ってみてください。

糖質はなかなかハードルが高い場合も多いと思います。

それにプラスして何かをしようっていうのも酷かもしれませんが。。。

もう1つ食べないようにして欲しいのがマーガリンです。

油というのは、体を作るために必要な栄養素の1つですが
このマーガリンというのは油の一種のクセに体の一部として使えません。

あまりこの例え方は好きじゃないのですが
マーガリンはプラスチックと同じだという人もいるくらいです。

そして
マーガリンの親戚でファストスプレッドというのもあるので合わせて食べないようにするのがいいでしょう。

コンビニやスーパーで売られているパン類や洋菓子には必ず入っている代物です。
一度裏の成分表示を見てみてください。

これは病気が治るまでとは言わず、ずーっと食べないのがベストですが
日本の法律が甘いので、何にでも含まれてしまっていて
食べないと言うのが難しい。。。

なので
健康体であれば少しくらいは解毒できる力があると思いますので
いいとは思いますが

病気をもっているのであれば
食べてはいけません。

ひとまず
病気を持っている人が食べがちな食べ物について話をしてきましたが

病気持ちの場合にしなければいけないのは
病気に効くサプリや、薬を摂取する事ではなく

食べるものを制限する事が近道です。

今は飽食の時代
食べ過ぎが病気を起こしていると僕は思ってます。

食の知識を是非つけてください。

今日から気をつければ
明日から身体は少しずつ変わってきますよ!

何を食べても大丈夫な身体作り
目指していきましょ!

って事で、今日はこの辺で
よっぴー