糖尿病

さてさて今日は
糖尿病について
話をしようと思います。

今回説明する内容は
生まれつき糖尿病という1型糖尿病ではなく
生活習慣によって起こった2型糖尿病の話です。

僕は生まれつきの病気の原因に関しては自分にはないという立場ですので
生まれつきの病気についてはお話しません。

自分で解決できる病気のみお話していますよ!

さて
糖尿病で一番知っておいてほしい事は、血管の病気だという事です。

血糖値が高くなろうが、身体への変化は気が付きません。
しかし、この状態を放置しておくと、血管が老化し全身の病に陥ってしまう。

ここをまずは把握してほしいと思います。

糖尿病の成り立ち

血糖値という値が高い場合、糖尿病と判断されることが多いですが
そもそも血糖値というのは、誰でも食後には高くなります。

食べ物に含まれる糖質は、消化される事によってブドウ糖に変換され、体内に吸収されます。

そして最初に入る場所が、血液なんです。

なので
食べ物の中に炭水化物が含まれていた場合
必ず血糖値は上がります。

ブドウ糖は
人にとって大切なエネルギー源であり
ブドウ糖を使ってATPと呼ばれるエネルギーを身体の中で作り出すことができます。

なので
ブドウ糖はなくてはならないもの
と、思われがちですが

エネルギーの原料は
別にブドウ糖だけではなく、脂質もエネルギーに変えることができるので
別に必須の栄養素ではありません。

また、身体の一部となるわけでもなく
ただ単にエネルギーとして消費されるだけのものなので
生きていく上で必ず必要な栄養素というわけではないんです。

さて
このブドウ糖が体に入ってくると
血液中の血糖値が上がります。

そうすると、脳は血糖値を平常時に戻すため
膵臓に、インスリンというホルモンを出すように命令します。

このインスリンは
エネルギーを必要としている筋肉にブドウ糖を届ける働きがあります。

そうする事で、血中のブドウ糖を減らし
血糖値を下げることができます。

しかし、炭水化物を食べすぎた結果
血中にブドウ糖がたくさんある状態になってしまい
貰い手のいないブドウ糖がたくさんできてしまいます。

そうなると脳は困ってしまうので
さらに膵臓にインスリンを出すよう命令します。

膵臓は働いても働いても
貰い手のいないブドウ糖が血中を流れるようになり

過労により、インスリンを作り出す能力が落ちてしまいます。

また、血中にはインスリンがたくさんあるのが普通になってしまうので
筋肉側も、インスリンに慣れてしまい
インスリンが来たとしても、ブドウ糖を受け入れなくなってしまう。

それが、糖尿病患者の身体の中の状態です。

糖と血管

血糖値が高いと、何が問題があるのかというと
ブドウ糖というのは、何かとくっつく性質があり
くっついた相手の機能を停止させます。

これを糖化といい
老化の原因は、糖化と言われるほどブドウ糖は身体に悪さをします。

血管というのは、高血圧のところでも話しましたが伸び縮みする性質があり
このおかげで、血圧は一定に保たれているのですが

血管が糖化することにより
この伸び縮みする性質が失われてしまいます。

すると
圧力がかかった時には血管が破れやすくなりますし
細い血管などは、血液をそれ以上先に送れなくなります。

この反応は、血液の流れが遅いほど起こりやすく
毛細血管はブドウ糖と血管がくっつきやすい場所なのです。

毛細血管というと
手先足先に多く張り巡らされています。

しかし
そこに血液が行かなくなると栄養が届かなくなり壊死してしまうことになり
結果、手足の切断という悲しい結末を迎えることに。

また
目の網膜にも毛細血管はたくさんあり、ここがダメになると失明してしまいます。

そして
腎臓は身体中全ての血液が流れ込み
血液をろ過するために血管は細くなります。

なので
腎臓が糖化すると腎不全となり、将来的には透析が必要となるでしょう。

血管が糖化されるというのは
ある一部が障害されるのではなく、全身が障害されてしまいます。

なので、糖尿病は万病の元となるのです。


治療法

では
糖尿病になってしまった場合どうすればいいのかというと
膵臓を休めてあげる事と、今ある血糖値を下げる事が必要になってきます。

まずは
今すでに高い血糖値を早急に下げ
糖化をいち早く止める事が先決です。

そのために
運動をしたいところですが
日々忙しいので運動などできないという場合も多いでしょう。

なので、ラジオ体操を朝と夜にしてみてください。
これだけでもだいぶ変わると思います。

そして、食事ですが
これ以上、身体にブドウ糖を増やさないためにも
炭水化物をなるべく減らした食事を心がけます。

そして
血糖値を急激に上げないために
食事を味わって食べましょう。

食事をおろそかにしている人ほど
糖尿病になっている印象です。

食事とは、自分以外の何かの命をいただく行為ですので
感謝し、味わいながら食べる事で
食事のスピードが落ちるので
血糖値の急激な上昇を抑えられるハズです。

糖尿病を治せば好きなものを食べれる人生に戻れるので
今は炭水化物を出来るだけ減らした食事を心がけましょう。

さて
糖尿病について一通り説明してきましたが
糖尿病は、自分の力でしか治す事はできません。

薬を飲んでも絶対に治りません。

今まで好き放題してきた自分を戒め
今日から身体を労わる事を誓ってください。

いいですか?

糖尿病にかかるヤツはただのアホです。

自己節制もできず
自分で情報も調べられず
知ったとしても実行できない。

甘ったれるんじゃない。

将来、四肢切断、失明、透析など後悔しないためにも
今まだ大丈夫なうちに、手を打ちましょう。

まだ間に合います。

自分の将来を作るのは自分自身ですよ。
一緒に頑張っていきましょう。

って事で、今日はこの辺で
よっぴー