体質改善をしたいなら

昔、香港に行った時に食べた
愛玉子(オーギョーチ)っていうゼリーが美味しくて

緑茶のゼリーの事なんだけど

最近はタピオカミルクティーを売っている店で
愛玉子入りのフルーツティーなんかもあって
好んで飲んでます。

この前
KALDIに行ったら
缶詰で愛玉子が売ってたので
これは買いでしょ!!

って、買ってみたら

缶詰の形そのまんまでゼリーが出てきて
笑ったよっぴーです。

っていうか
材料、砂糖・ゼラチン・レモン・愛玉エキスって・・・・

これなら自分で作れそう

さてさて今日は
体質改善をしたいなら
と言う話をしようと思います。

今日は耳の痛い話になるかもしれません。。。

体質とは

最近は花粉症の情報配信に力を入れているんですが
結局完全に花粉症を治そう
と思ったら
体質改善をしないと難しいんです。

で、世の中には体質改善
っていう言葉がものすごくたくさん使われていて

ネットで検索しても
たくさんの広告や、ホームページが出てきます。

ただ、ここで
体質改善というのは
そもそも何を指しているのか?

という事を
ちゃんとわかっていないと

売り手のキャンペーンに乗せられたり
体質改善をしたいのに、ただ単に症状だけが治まって
体質改善した風な気分になるだけ

なんてことにもなりかねません。

というか
僕も漢方薬局に勤めていた事がありますが

中医学系の治療院では
体質改善しましょう!
と声高らかに言っているところもたくさんあるけれど

体質ってなんですか?

という質問に対して
答えられる治療院は
ものすごく少ないし

本当に治療した結果
体質が変わります
と、断言できる治療家も少ないと思う。

症状を抑えたり治したりはできるかもしれないけど
体質を変えているのか?
というと

そうなの?
と疑問に思うこともたくさんあります。

僕は
生まれながらに持っているものは
変えられるわけがない
と、思っていて

それは遺伝子が決定しているものだから
今の技術では難しい。
#あと10年もすればできそうな気はするけど汗

僕が言う体質とは
後天的なもので

日々の生活習慣や、食生活において
自分の体を作ってきた結果

を、体質と呼ぶようにしていて
それを変える事を

体質改善

と、呼ぶようにしています。

体質改善とは

体質とは
日々の生活習慣や、食生活において
自分の体を作ってきた結果

なので

改善するには、日々の生活習慣や食生活を変えるしかない。

つまり
漢方薬を使ったり
鍼灸院に通ったりする必要は
まったくもってないし

漢方や鍼灸では体質なんて変えられる訳が無い。

漢方を飲めば体質が変わる
なんて事があるとしたら
漢方に体を作り変える働きがある事になってしまいます。

恐ろしい。。。

病気は自分で作っている
というのは
僕のことを知っていれば
よくわかっていることだと思いますが

体質だって自分が作っているもの。

自分が選んで食べているだろうし
自分が選んで行動しているはずなので

その体質も、自分のせいという事になります。

結局のところ
体質改善をしたければ
自分の日々の行動や、選ぶものを変える他ない
というわけですね。

残念ながら
これは、目を背けたい事実
だったりしますが。。。

体質改善しないとやばい!
って思っているにも関わらず

漢方や鍼灸、その他の治療法に頼る
という、その姿勢を変えない限り

いつまでたっても体質なんて変わるわけがありません。

漢方を教えてくれた先生の患者さんや
鍼灸を教えてくれた先生の患者さんを見ていても
それだけで体質が変わった人なんて僕は見たことありませんし
#症状や病気はちゃんと治りますよ!

やっぱり自分で変える!
という意思がとても大切になってきます。

頭が良くなりたい!
と、薬飲んだら頭良くなる
なんていうのないのと同じように

勉強や部活であるなら
自分の努力が大切で
やれば上手くなるし、サボれば成績が落ちる
と、言う事は体感としてわかると思いますが

それが病気になると
なぜか、自分で努力する事を放棄して
先生に治してもらえばいい
と、思ってしまう。

病気になったのは自分のせい
身体のどこかが痛いのは自分のせい
その体質になってしまったのも自分のせい。

毎回僕がこれを言っているのは
自分でなんとかするクセをつけてほしいから
なのです。

改善したければ
自力でなんとかしていきましょう。

他人は結局
人の人生や病気に責任を持ってくれません。

薬やサプリなんかに頼らず
自分の身体は自分でなんとかする。

この気持ちをどの分野でも忘れずにいたいですね!

と言う事で、今日はこの辺で
よっぴー