個人ビジネスと企業の戦略をごっちゃにするな

トンカツを作った後の油が勿体無いので
じゃがいもを切ってフライドポテトを作ったら
意外と美味しかったので
これから揚げ物作った後は絶対これやろうと思ったよっぴーです。

さて

社員が数十人以上いる会社経営と個人事業
両方をやった事がある人は意外と珍しいかもしれない。
両方やった結果わかったことは

この2つは方法が全く違う
という事。

共通する部分ももちろんあるにはあるけれど
混同してビジネスをしていくと
いつまでたっても上手くいかない
という事になりかねない。

と言う事で今日は
個人事業と企業それぞれの違いについて
話をしていこうと思います。

ニッチを狙う?

僕の出発点は個人ビジネス

それが約10年前くらいだから
その当時、勉強していた事は

これからは個の時代が来るから
どれだけ個の力を伸ばすか?が大切で
個の力というのは、どれだけ好きな事に打ち込めるかだ

というような事が言われていた。

情報発信している人も少なかったし
メルマガやってます
と言ったらスゲーってなった記憶がある。

自分の知っている事を
自分より知らない人に教えてあげる事が
ビジネスの第一歩

っていうのを実感した気がする。

そして10年経ち今はどうなってるか?というと
ブログやメルマガを毎日書いてます

と、言ったところで

へー

としか、帰ってこなくなった。
誰でも発信しているし
みんなやってるから珍しい事でもなんでもなくなった
という事。

今の時代は
みんな発信しているから
同じ事を言っているだけじゃ埋もれてしまう。

けれど
ニッチな人たちと繋がりやすくなり
ニッチなジャンルを発信していけば
ニッチな人たちの集まりができ

そこにコミュニティーが生まれ
ニッチな話題で盛り上がれる仲間ができる。

その仲間で何かやってもいいし
その仲間に対して何か提供してもいい。

今はそんな時代。

オンラインサロンとか
コミュニティービジネスが流行っているのは
こういう流れがある。

企業はどうか

さっき言ったニッチ分野をどんな場合でも狙いに行くのがいいのか?
というと
そうとは限らない。

僕が会社運営をしていた頃
会社経営の勉強会で学んだ事は

エブリデイ
エブリバディ

これがキーワードだと
教えてもらった。

大きな企業になろうと思ったら
誰でも毎日使うものを販売する必要がある。

これが鉄則だ

と、言う。

エブリディ
エブリバディ

なんて。。。
ニッチの逆の言葉じゃないか!
って思って衝撃を受けた記憶がある。

経営の先生が言うには
販売価格を設定するのが一番最初で

販売価格が決まれば
店の内装や、提供する質が決まる。

販売価格を先に決めたら
原価が決まるから
そのための仕入れとオペレーションを考えれば良い。

なんて合理的なんだー!!

って思って
今までニッチとか言ってたけど
そうだよ

やっぱりみんなに使ってもらうものを販売しないと!

って思うようになった。

みんなが毎日使うから
そこにお金が生まれるんだよね。

この違いをちゃんとわかっておく

今LINEでオンラインでビジネスをしていく講座
というか
僕がやってみてどうなるかを検証していく情報配信をしてるんだけど

そこで1つの勘違いが起きていて

オンラインビジネスというのは
オンラインで完結する

と、思っている

という事。

個人事業は、さっきも言ったように
ニッチを狙っていく事で
自分の会いたい人と出会うことができ

資金で負けている個人の戦略としては
僕は良いと思っていて。

伝えたい事や、伝えたい人が
ニッチであればニッチであるほど
発信は尖っていくし
伝えたい人に刺さりやすくなる。

ダイエットをしたい人
だと配信している人が多く
範囲も広いから

結婚式を控えてこの半年でなんとか
見た目だけ痩せたように見せたい人

って言うように
狭めていく事が重要。

プル型で完結させるな

だけど

ニッチになればニッチになるほど
そのターゲットとなる人は身近にいない事になるので

その人はどこにいるのか?
というのを考え
その人に実際会うという事をしないと

情報が溢れているこの時代に
個人の情報なんてかき消されてみてもらえないし
どこの誰かも知らない人の情報を信じようと言う気にもならない。

全員に見られる場所で
私はこういう人で、こういう商品を扱っています!
興味を持った人はどうぞ!
と、いうような

プル型のビジネスモデルは

お金を持っていて
エブリディ・エブリバディ
を、狙っている企業のやる戦略であって

個人でやっても太刀打ちできない。

しかも
ニッチを狙っている分
ターゲットの数も少ないから
その数少ないターゲットの中で

さらに
自分の発信内容に興味を持ってくれた人

となると
ものすごく少ない
というか0人の可能性すら出てくる。

なので
ニッチを狙うのであれば
ニッチの数は増やせないから
ニッチの中で興味を持ってくれる人の割合を増やさなきゃいけない。

興味を持ってもらうには
仲良くなり、自分のことをよく知ってもらうことが必要。

なので
積極的に自分から会いに行ったり
話しかけに行かないとダメ
と、言う事になる。

つまり
個人でビジネスをやり始めるとしたら
オンラインだろうが
オフラインだろうが

人と積極的に自分から会って行かないと伸びない
というわけ。

マジで
耳が痛い笑

けど
島田さんにしても
全国を飛び回りながら
各地にいる人達と関わりを持って行ってるし

今は
さらに趣味を通していろんな新しい人と繋がりを作って行ってるっぽい。

島田さんくらい会社が安定していても
それをしてるんだから

僕もサボってられないって思うんだよね笑

コツコツでも
着実に前に進んでいきましょ。

情報発信してるだけじゃ
人生良くなって行かないぞ!

って事で今日はこの辺で
よっぴー