ホルモンと鉄の関係

コーヒーにハマって
どうせならバターコーヒーを試してみようと
ここ数日試して

エネルギー補給はできてる感じがしてるよっぴーです。

さてさて
今日は鉄について3回目!

身体の中で鉄がやっている意外なこと
について話していこうと思う。

鉄といえば
やっぱり赤血球を作っている構成要素だから

鉄不足になると貧血が起こる。

と、思っている事も多いと思うけど
鉄不足って
貧血だけじゃないんだよね。

重要なホルモン

身体の中で重要なホルモンかつ
一般人でも知っているものといえば

ドーパミンだったり
ノルアドレナリンだったり
セロトニン
メラトニン

と呼ばれるものがあるかな。

ノルアドレナリンは
ストレスを感じると大量に放出され

心拍数を上げたり、呼吸数を上げたり
交感神経を刺激して、ストレスに打ち勝とうとするホルモン。

ドーパミンというのは
喜びだったり快楽に関係するホルモンで
意欲的になったり、活動的になったりする。

セロトニンは幸福ホルモンとも呼ばれていて
リラックスや心を落ち着かせてくれる働きがある。

メラトニンは、睡眠に関係していて
メラトニンの体内量によって
夜眠れるようになるホルモンだ。

これらホルモンの関係は

タンパク質からドーパミンが作られ
そのドーパミンからノルアドレナリンが作られている。

そして
別の経路で
タンパク質からセロトニンが作られ
そのセロトニンからメラトニンが作られる

っていう関係になっている。

ドーパミンを作って
嬉しさや、やる気を出して

ノルアドレナリンで
集中力をつけてやりきる

そんな流れが想像できるね!

また
セロトニンで、幸福感を感じ
リラックスして
メラトニンが増えて眠りにつく

っていうのも想像できると思う。

ホルモンと鉄の関係

実は
ドーパミンとセロトニンを作る際には鉄が必要だったりする

簡単な流れで書くと

_______________
タンパク質(フェニルアラニン)

↓←鉄

タンパク質(チロシン)

↓←鉄

ドーパミン

↓←V.C+V.B6+銅

ノルアドレナリン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という経路と

_______________
タンパク質(トリプトファン)

↓←鉄+V.B6

セロトニン

↓←マグネシウム

メラトニン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という経路を通っている
こういう生理学がホント面白いんだよね!

え?そんなのよっぴーだけだって?
いや、わかると面白いんだよ!笑

まぁ、上の経路を見てもらうとわかるように
どっちのホルモンを作るにも
鉄が必要なのがわかると思う。

なので
鉄不足になると

これらのホルモンが作れなくなり
鬱症状が出たりする。

不定愁訴の原因

不定愁訴っていうのは
本人が自覚してない場合も多いから
鉄不足のせいで

なんだか身体が怠いとか
頭痛がするとか
イライラがひどいとか
疲れが取れない

みたいな症状を抱えている人も多くいそう。

もちろん
不定愁訴の原因は、鉄以外にもたくさんあるから
他の原因も調べる必要はあるけど

女性の場合
鉄分の不足はほとんどの人で見られるから
鉄補給はしてみてもいいんじゃないかって思うね。

メラトニンが作られないと
不眠にもなるから

寝れないっていう場合にも
鉄不足は疑ってもいいんじゃないかな。

意外なところに使われている鉄
不足すると困る事がたくさんあるでしょ?

普段の食生活を見直すと
自分の体に起こっている不調の原因がわかったりするから面白いね。

身体のこと
知れば知るほど面白いんだぞっ

ってことで今日はこの辺で
よっぴー

***********************************
【鉄についての記事まとめ】
現代人は鉄不足
お肉を食べよう
ホルモンと鉄の関係←今ココ
美容と鉄
不妊と鉄
筋肉痛と鉄
***********************************


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加