ダイエットとATP

最近バターコーヒーを飲んでいて
混ぜるのにミキサー使うのわざわざ洗うのめんどくさいなぁっておもってたんだけど

昔にスタバで買った
ミルクを泡立てる機械を思い出し使ってみたら
見事に混ざって

美味しいバターコーヒーを飲めてるよっぴーです。

やっぱり
便利さもそうだけど
めんどくさくないっていうのは
継続するのに重要な要素だよね。

さてさて
今日はATPについてのお話。

人はロボットのように
エネルギー不足になると動けない
っていうわけじゃなく

エネルギーがなくなると
やる気がなくなったり
うつっぽくなったり
幻聴が聞こえたり

精神的な病気が起こってくる。

運動のしすぎとかで
疲れたー!
もう動けない!!

っていう状態って
確かにエネルギー不足ではあるけど
しっかり身体としては
代替えエネルギーを使って
ちゃんとエネルギーを生み出せてる状態だったりするんだよね。

糖質を使ってエネルギーを産生する

中医学では、気と言ったりもするけど
西洋医学的に言うと
人のエネルギーは、ATP(アデノシン3リン酸)と呼ばれる物質。

エネルギー源だから
これがなくならないように
人は食べ物からATPを作っていて

食べ物が食べれない時には
身体の一部を分解してATPを作っている。

ATPを作るために必要な物質は
炭水化物と脂質
の二つ。

あれ?

栄養学で
タンパク質もエネルギーになるって習った気がするけど。。。

っていう記憶力が高いあなた。

正解!

カロリーが好きな栄養学では
炭水化物は、1gあたり4kcal
脂質は、1gあたり9kcal
タンパク質は、1gあたり4kcal
のエネルギーを生み出す事ができる

って習うけど

タンパク質は、身体の中でエネルギーにしようと思ったら
一旦、炭水化物(ブドウ糖)にしてから使うから

タンパク質をそのままエネルギーに使う事はできないんだ。

重要なのは、カロリーじゃなく
ATPを何個作っているか?
って言う事。

運動には有酸素と無酸素って言うのがあって
息を止めてする運動のことを無酸素運動
息をしながらする運動のことを有酸素運動
っていうよね。

ATPを作る経路にも
有酸素と無酸素っていうのがあって

炭水化物(ブドウ糖)を使った無酸素でのATP産生は
解糖系と呼ばれていて
ATPは2個作られる

同じ炭水化物(ブドウ糖)を使った有酸素でのATP産生は
クエン酸回路(TCA回路)と電子伝達系と呼ばれていて
38個のATPを作ることができる。

まぁ、実際には

_______________
—無酸素—
ブドウ糖

解糖系(ATP2個)

—有酸素—

クエン酸回路

電子伝達系(ATP36個)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
って感じで繋がってるんだけどね。

脂質を使ってエネルギーを産生する

次に、中性脂肪を使ったエネルギー産生経路だけど
これは、β酸化と呼ばれている反応経路で
これは脂質の種類にもよるんだけど

だいたい400個くらいのATPを産生できる。

え、、、400?40じゃなくて?
って思うよね。

そう。
炭水化物をエネルギーにするよりもはるかに多いATPを油は生み出せるんだ。

なので
ATPを作るんだったら脂質から生み出した方がいいでしょ?

逆にいうとお腹についた脂肪がなかなか落ちないのは
中性脂肪が生み出すATP量が多いからっていうことにもなる。

1つの中性脂肪から400ものATPを作れるから
燃料をそんなに使わなくていい=減らない
って事だね。

ほとんどの人は炭水化物をエネルギーとしている

今まで見てきたように
ATPの産生経路には炭水化物からと脂質からの2パターンがある。

実は、この二つの原料が両方ある時
先に使われるのは炭水化物の方。

炭水化物の使用目的はエネルギーしかないけど
脂質には、細胞膜となったり脳になったりと
身体の一部としての使い道があるから

炭水化物を使ったATP産生をしていても足りない時に
中性脂肪からのATP産生をする。

つまり

炭水化物でATPが足りている限り
身体に溜まった脂肪は落ちていかないっていうこと。

だからダイエットしたいのであれば
甘いものやご飯やパン、パスタなどの炭水化物抜き
を、することが重要なんだよね〜。

まぁ、他にも
炭水化物をメインエネルギーとしている場合には
エネルギーをとってるのにエネルギーがマイナスに。。。
っていうことも考えられて

余計に疲れちゃうって言うことにもなる。

これは、長くなるから
また明日話そうかな。

ひとまず今日は
人がエネルギーとして使っているのはATPっていう物質で
ATPを作るためには
炭水化物か中性脂肪が必要で

炭水化物と中性脂肪だと
中性脂肪の方がたくさんATPを作れるんだよ
っていうことを知ってもらえればと思います!

これをダイエットに利用したら
炭水化物を抜けば
他の食べ物ならなんでも食べてOK
っていうことになるから

僕のダイエット相談は
そういう風にアドバイスすることが多いかな。

ぜひ、試してみてね!

ってことで今日はこの辺で
よっぴー

***********************************
【ATPシリーズ】
ダイエットとATP←イマココ
マイナスATP
精神疾患とATP
エネルギーを作るために必要な栄養素
クエン酸回路を邪魔する存在
甘いものからの脱出
***********************************


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加