マイナスATP

さてさて今日もATPのお話
前回言っていた炭水化物(ブドウ糖)をメインにATPを産生していると
どんな不具合が起こってくるのか?

っていうのを
生理学的に見ていくぞ!!

もう一度前回のおさらいで
ブドウ糖からATPを取り出す経路を書いておくと

_______________
—無酸素—
ブドウ糖

解糖系(ATP2個)

—有酸素—

クエン酸回路

電子伝達系(ATP36個)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんな感じ。

ちゃんとトータルで38個のATPが作れるんだから
ブドウ糖をメインのエネルギーにしても
問題ないような気がするよね。

けど

人の身体はそんなうまくはいかないんだよねー。

ブドウ糖だけじゃATPは作れない

無酸素のところだけを
もうちょうもうちょっと詳しくみて見ていくと

_______________
ブドウ糖

解糖系

ピルビン酸
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という反応をしていて
ここで2個のATPができる。

この時できたピルビン酸は
その後、クエン酸回路
に入ってさらなるATPを生み出していくんだけど

このクエン酸回路

実を言うと
物凄く複雑な化学反応の連続が起こってる。

や、僕はこーゆーの見るとワクワクするんだけど
たぶんあなたは見るのも嫌だろうから
スルーしてもらっていいんだけど

各所でビタミンが必要って書いてあるでしょ?

もし、これらの反応時にビタミンが不足していた場合
当たり前だけど反応は次へ進まない。

ここで注目してほしいのが
ビタミンB1

ビタミンB1は、ピルビン酸をアセチルCoA
という物質に変換する時に必要なビタミン(図でいうと中央上の部分)

ビタミンB1不足というと
有名なのが脚気で

脚気というのは
末梢神経の痺れや浮腫み
倦怠感や食欲不振
ひどい時には、心不全などを起こす病気だけど

それが何故起こるのか?
というと

ピルビン酸がアセチルCoAに変換できず
その後のクエン酸回路が回らないために
ATP不足が起こってしまうから。

ピルビン酸がアセチルCoAに変換できないと
ピルビン酸がどんどん増えて行ってしまう

なにせ
現代人は糖分が大好き。

ブドウ糖は余るほど摂取するから
ブドウ糖から解糖系の反応はどんどん行われる。

けど
出来上がるピルビン酸はいく先がなく
どんどん溜まっていく事に。。。

予備経路

実はこのピルビン酸
余ってくると乳酸に変換されるようになっていて

これで一安心。

って思ったのも束の間

乳酸といえば
筋肉痛と鉄
のところでも言ったけど

赤血球を溶かしてしまったりする物質だから
早く取り除きたい物質だったよね。

なので
この乳酸を除去する機能が人の身体には備わっていて

肝臓に運び込まれた乳酸は
なんと
生まれ変わってブドウ糖になる事ができ

_______________
ブドウ糖

解糖系

ピルビン酸

(ビタミンB1が不足すると)

乳酸

コリ回路

ブドウ糖
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という
ループする仕組みが身体には備わっている。

ただし!
ここで問題があって。。。

_______________
ブドウ糖

解糖系

ピルビン酸
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

っていう経路は、解糖系だから
ATPが2個作れるんだけど

_______________
乳酸

コリ回路

ブドウ糖
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という経路には、ATPを6個消費する

つまり

_______________
ブドウ糖

ピルビン酸

乳酸

ブドウ糖
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

っていうループをしてしまうと
ATPがマイナス4個っていう事に。

これじゃぁ
いくら解糖系を頑張ったところで
どんどん疲れていく
っていうループになってしまう。。。

これが脚気の仕組み。

エネルギー補給にブドウ糖?

脚気なんて
栄養不足で起こる事だから
現代人は関係ないでしょ

って思うかもしれないけど

現代人は砂糖の取りすぎが目立つ。

ラーメン、パン、ご飯、うどん、パスタ
外食すればほとんどが炭水化物だし

コンビニに行けば
スイーツ、カップ麺に、パン、おにぎり
炭水化物以外のものを見つける方が難しい。

つまり
炭水化物(ブドウ糖)過多になっているということは
それだけビタミンB1を使う機会が多いということ。

ビタミンB1は
肉や魚、お米に含まれているけど

最近のお米は、精米してしまっているから
ほとんどビタミンB1は残っていない。

ビタミンB1の入っていないお米なんて
エネルギーの補給どころか
エネルギーの消費でしかないからね。

元気が出ない時にお米を食べろっていうのは
玄米に近いお米を食べた場合にのみ当てはまる
っていうことを覚えておいてほしい。

エネルギーを補給するために
ブドウ糖を摂取するっていうのは

逆効果になるかもしれない
っていう事が
わかってもらえたかなぁって思う。

なんてったって
余計にエネルギーを消費してしまうからね汗

確かにブドウ糖は、解糖系によってATPを2個作るから
一部だけ見てると元気が出そうだけど

全体を見ると
ATPは4個消費することになっていた

なんてことにならないように

ビタミンの補給をするか
脂肪をエネルギーにするように心がけましょ!

ってことで今日はこの辺で
よっぴー

***********************************
【ATPシリーズ】
ダイエットとATP
マイナスATP←イマココ
精神疾患とATP
エネルギーを作るために必要な栄養素
クエン酸回路を邪魔する存在
甘いものからの脱出
***********************************


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加