身体と心が喜ぶ食事

昨日の卓球の決勝戦が面白すぎて
見入ってしまったよっぴーです。

オリンピック興味なかったのに
始まってみると
めっちゃ可処分時間取られてるなぁ笑

さてさて今日は
高城さんが行き着いた
食事の究極系
グラスフェッドビーフと玄米で生きる
について考えていこうかと思います。

肉と玄米で大丈夫なのか?

気になるのは
お肉とお米だけで必要な栄養素が足りるのか?
っていうことだよね。。。

人の身体を作って動かすために必要な栄養素は
・水
・タンパク質
・脂質
・ビタミン
・ミネラル

これらが取れていればOK

グラスフェッドビーフには
タンパク質、少量の油、ミネラルが含まれているし
玄米には、炭水化物、ミネラル、ビタミンが含まれている

油の足りない分は
サプリメントでMCTオイルをめっちゃ飲んでるらしいから

身体に必要な栄養素は揃ってそう。

余談だけど
ビタミンは有機物だから
身体や、細菌が作り出すことが可能だけど
ミネラルは、外から摂取しないと補えない。

腸内細菌を元気にすればビタミンの不足は補えるかもしれないけど
ミネラルは必ず毎日補わなければいけないってわけ。

栄養は大丈夫だけど。。。

有機栽培の玄米と
除草剤や農薬を使っていない草を食べている牛肉
もちろんホルモン剤や抗生剤も使っていないから
余計なものが身体に入らない。

身体にとって害となる物質を取らなくて済むし
身体に必要な栄養素も足りている。

けどさー

飽きるじゃんこれ(爆)

僕は毎日お肉だとキツイ笑
野菜が好きっていうのもあるけどね。

ただ、野菜を食べれば食べるほど
除草剤問題があるから、ガンになりやすく。。。

昔は野菜食べないとガンになるって言われてたのに
いや、今も野菜に含まれるフィトケミカルが抗ガン作用あるけど

農薬、特に除草剤であるラウンドアップが
発ガン性分類リスト5段階中の2番目っていう代物で。。。

プラマイゼロ的な感じになってる。
(一番危険なのは農家さんだからマジで注意してね)

小さい頃から30品目とか食べろと言われてきて
いろんな食材を食べさせられてきた僕らとしては
こういった農薬問題からは目を背けられない。

高城さんのように
野菜を口にしないっていうのが
まぁ、ベストな判断な気がしなくもないけど

僕はそうはいかない。

となると
悪いものを出せる身体作りが必要になってくる。

腸内環境を整え
身体が酸化しないようにビタミンCやE
時には、水素などを積極的に取る。

まぁ
サプリメントに頼るしかないというね汗

タンパク質の量にご用心

食べる種類が多くなるということは
タンパク質や脂質の量が少なくなってしまう。

ここは今の食の教育で一番気になっているところで
30品目とか50品目とか食べろ
って言われたら

必然的に野菜の量が多くなるから
タンパク質や脂質が少なくなりがち。

身体にとって大切なのは
水を除けば
タンパク質と脂質だから

野菜が多くなれば
この二つを補う事が必要になってくる。

ってなると
プロテインと油を飲む習慣が必要になってくるし
やっぱり、サプリメントが必要に。。。

やっぱり
考えれば考えるほど
玄米とグラスフェッドビーフの食生活は理にかなってるなぁ。。。

ひとまず僕が言えるのは
めちゃめちゃ意識して
タンパク質と脂質を摂取するように心がけて

その上で、好きなものを食べる

これがいいかな。

自分の好きな物(心が喜ぶもの)を食べているのだから
身体が喜ぶものは、サプリメントで補う。

心も身体も満たしていきましょ。

ってことで今日はこの辺で
よっぴー


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加