腸の筋トレ

やっと関西も暑くなってきて
梨の消費量が増えてるよっぴーです。

やっぱり暑くないと
梨って食べたくならないんだよねー

お風呂に1時間くらい入った後だったら
梨大量に食べちゃって
晩御飯に差し支えるから
ほどほどにしないと汗

さてさて
昨日は便秘について話をしたけど
意外と便秘って怖いでしょ?

身近にあるから
便秘なのが普通っていう場合もあると思うけど

思考力の低下や倦怠感などの頭の症状だったり
花粉症などの炎症性の疾患だったりも
便秘が原因で起こる事があるから

対策はしっかりしておきたい。

まずは1日1回の便通を目指そう!

便秘対策

便秘になる原因って何かというと
一番大きな原因が
腸がうまく動いていないっていう事。

腸は自分でクネクネ動く事によって
腸の中のものを外に出そうとする。

それを蠕動運動なんて呼ぶけど
これが上手く出来ない人がめちゃめちゃ多い。

あんまり意識してないと思うけど
自分で動けるという事は、成分は筋肉。

腸も、心臓も、動く場所というのは筋肉で出来てる。

筋肉というと
使わないと弱っていくから

慢性的に便秘になっている人は
腸が動かない=使ってない
っていう事で

腸の筋肉がどんどん落ちていく事に。。。

慢性的な便秘の場合には
腸の筋トレをすると効果高くなるぞ。

腸の筋トレ

腸の筋トレというと
どんな事するの?
って思うかもしれないけど

これは簡単で

腸にうごけよー!
って物理的に刺激を与えてあげるといいね。

薬を飲んで刺激を与えるっていう方法もあるけど
それは、薬の作用によって
無理やり動かしているに過ぎないから

腸が自分で動こうとする事が重要。

そのために効果的なのが
お腹ペッコリ体操。

どんな体勢でもできるけど
寝転がるとやりやすいから
最初のうちは、寝転んでやってみよう!

まず最初に
腹式呼吸をゆっくりする。

息を吸う時に
しっかりお腹が膨らんで
息を吐く時に
お腹が凹むのを確認し

呼吸が整ったら
息を吐いた時のお腹の位置をキープしながら
息を吸い始めてみる。

そうすると
お腹に圧力がかかっていくのがわかると思う。

その圧力を感じながら
次の息を吐く時に
お腹をもっと凹ませる。

そうすると
どんどんお腹がペタンコになっていくはず。

それと同時に
お腹の中に圧力がどんどんかかっていっているのが実感できるはず。

さらに
お腹の位置をキープしながら
息を吐いていくと

だんだんしんどくなってくるけど
お腹の圧力を高める事を意識して数回呼吸を繰り返してみて。

この圧力がかかっている状態が
腸に刺激が入っている状態で

続けていると腸がぐるぐる言ってくるハズ。

これは腰痛持ちの人もやった方が良くて
腹圧を鍛えられるから
ぜひ、やってみて!

大事な栄養素

腸は筋肉で出来ている
という事は
もちろん必要な栄養素はタンパク質。

筋トレする人は
プロテインを飲むけど

腸を鍛える時にも
そのタンパク質が重要になってくる。

女性に便秘が多いというのは
女性の方が腸が長いというのもあるけど

タンパク質を食べる量が少ない
っていうのも関係していると思う。

卵を積極的に食べるとか
お肉や豆類を食べるとか

タンパク質を意識した食生活を心がけてみよう。

考えて食事なんてめんどくさい!
っていう場合には
プロテインを取り入れてみると
気軽にタンパク質を補給できるぞ!

腸がちゃんと動くように筋トレする事と
腸をちゃんと作るようにタンパク質を摂る。

まずはこの2つを意識してみると
便秘解消していくから
試してみてね!

って事で今日はこの辺で
よっぴー


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加