寝る事について軽視してると人生損するかもよ

寒くなったり暑くなったり
気温の差が激しくなると

身体がストレスを感じて
免疫力が低くなりがち。

身体のストレスはビタミンCで予防するといいから
粉のビタミンC(アスコルビン酸)は家に常備しておくのをお勧めするぞ!

さてさて今日は
寝る事について軽視してると人生損するかもよ
っていう話をしようと思います。

ちゃんと寝てますか?

寝る時間は早いに越したことはない。

これは僕の体感からもそうで
夏の間は基本的に夜10時に寝るんだけど

朝の目覚めがスッキリするんだよねー
(朝5時半起きでもへっちゃら!)

けど、夜12時を過ぎて寝ると
次の日いくら寝ても疲れが取れた感じがしない。。。

そんな経験したことなーい?

仕事でストレスを抱えて
副腎疲労になっている人ほど
夜早く寝る

これが一番の体調整え術だったりするぞ。

ちなみに
現代の不妊症の半分くらいは副腎疲労が関係しているように思うから
副腎疲労あなどるなかれ。。。

副腎疲労については
また今度触れるとして今日は睡眠のお話。

東洋医学的には
自然と同じ生き方をするのが一番健康的というのがあるので

暗くなったら寝て
明るくなったら起きる

これが健康的

貝原益軒という人が
養生訓っていう本を書いてるんだけど

これは早寝早起きをしなさい!
って言われている元となっている本だったりするけど

やっぱり早く寝る事は昔から言い伝えられている健康法だよね。

何時までに寝なきゃダメ!
っていうのはないけど

季節によって夜の長さも変わるから
寝る時間も季節によって変わっていってもいいと僕は思ってる。

僕の場合は
夏は7時間
冬は8時間くらいが平均かなぁ。。。

睡眠サイクル

睡眠サイクルは
1.5時間が1サイクルと言われていて
夜中に起きるタイミングは基本的にこのサイクルの時間な事が多い。

特に3時間おきのタイミングが多いと思うから
トイレに起きた時なんかに時間をちょっと覚えておいて
朝起きた時に確認してみると面白いよ。

西洋医学の分野でも
22時〜26時の間はゴールデンタイム
なんて呼ばれていて
ホルモンの生成や身体の修復が盛んになる時間と言われている。

この時間帯に寝ている事が
ホルモンバランスを整える事や
1日の疲れや頑張った身体を癒す事に繋がってるんだね。

個人差

かといって
夜型人間っていうのがいるのも確か。

僕も学生時代は
朝から勉強するよりも夜中に勉強する方がはかどったタチで
夜中に机に向かっていた覚えがある。

当時は、朝勉強と夜勉強を比べてみて
夜の方が勉強効率高かったんだけど

今となっては
夜の勉強よりも
寝て起きた後の勉強が一番効果的
っていう実感がある。

年齢によってもしかしたら
集中できる時間帯が違うのかも?(そんなわけないか?笑)

ちなみにこれは学生時代からだけど
寝て起きた後の集中力の高さは
昼寝でも同じ事が言えて

30分とか1時間の仮眠を取った後の勉強って
めっちゃ集中できて
勉強がはかどった

寝た後の頭っていうのは集中できるんだよね。

だから
できれば何か集中してしなきゃいけない事があるっていう場合

その前に一旦頭を休める意味で
仮眠をとると

その後の集中力が増すから
効果的に使えるといいなぁって思う。

ストレス対策も睡眠から

僕らはストレス社会に生きていて
いろんなストレスに攻撃されながら生きてるけど

ストレスって
結局は脳への攻撃だから

脳を一旦リセットするっていうのは
大切じゃないかなぁって思う。

なるべくその日の傷はその日に治すじゃないけど
できるだけ22時に寝て
昼寝も少しだけするようにすると

脳の修復もはかどり
体調よくなるんじゃないかなぁって思うから
ぜひ、やってみてね!

別に寝る事=サボってる
じゃないから

体調管理なんだ!
って思い切って
カフェや休憩室なんかで寝てみよう笑
(スタバとかでいつも仮眠してすいません汗)

きっといつも以上に集中して仕事できると思うぞ!

って事で今日はこの辺で
よっぴー


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加