乾燥対策

うー寒い。。。
夏が終わったと思ったら
いきなり冬が到来。。。

秋はどこ行ったんだ笑

食欲の秋も
スポーツの秋も
読書の秋も

一気に通り過ぎて
巣篭もりの冬になりそうな予感笑

空気も乾燥してきたから
肌の乾燥に気をつけないと

パサパサになりそう。。。汗

僕はホント乾燥に弱いんだよねー。。。

さてさて今日は
乾燥対策
という話をしようと思います。

これからの時期
唇は乾燥するわ
肌は乾燥するわ
手は乾燥するわ

乾燥によるひび割れに困る場合も多いと思う。

そんな時に
クリームを塗って
外部から保湿する事で
ひび割れを防ぐっていう事もめちゃめちゃ重要だけど

身体の内側からケアする事も大切だよね。

身体の乾燥は潤い不足

僕の漢方の先生はいつも

現代人は水を飲まなさすぎ

って言っていて
患者さんにはいつも
水をたくさん飲んで!

ってアドバイスしてた。

思い返せば
先生は仕事中めっちゃ水飲んでたなぁ。。。

まぁ
水っていうか

枸杞の実を乾燥した生薬を
枸杞子っていうんだけど

この枸杞子を大量にコップに入れて
そこにお湯を注いで飲んでた感じ。

枸杞の実って
数年前にアメリカでスーパーフードとして流行ったから
日本でも手に入りやすい食材じゃないかなーって思うから

チャレンジしてみてもいいかなぁって思う。
(英語では、ゴジベリーって言うよ!)
(杏仁豆腐の上に乗ってる赤いやつね)

1回につき10gくらい使えばいいかな。
お湯が甘酸っぱくなって美味しくなるよ。

枸杞の実の効果

この枸杞の実には
乾燥を防ぐというか
身体を潤す働きがあって

しかも

目の疲れにも効果がある
っていう万能な生薬。

栄養素で見ると
ビタミンA、B、C、E、カリウムなど

ビタミンやミネラルも豊富。

まぁ。。。

水溶性のビタミン系は
乾燥させたら残ってるか怪しいけどね汗

ちなみに

枸杞の実のように
色が付いている果物って
抗酸化力のあるファイトケミカルが豊富。

地上に生えている果物や野菜には
太陽の光によって
酸化されがち。

人間だって
太陽の光を浴びすぎたら

シミができたり
ひどい場合には皮膚ガンとかの原因になるでしょ?

野菜や果物も同じで
太陽の光を浴びるとそういう反応が起こってしまうから

それに対処する機能が備わってるんだよね。

ファイトケミカル

ちなみにこのファイトケミカルって
有名な所でいうと

ぶどうとか紫蘇に含まれる
アントシアニンのようなポリフェノールとか

トマトに含まれる
リコピンみたいなカロテン類とか

お茶に含まれるカテキンとか

全部、ファイトケミカルの一種。

太陽の光からのダメージを防ぐ働きをしているから
主に皮とか表面に含まれるんだけど

果物や野菜って

基本、皮剥くじゃない?

せっかく抗酸化作用の強いファイトケミカルを
捨てて食べちゃってるんだよねー・・・

その点

枸杞の実って
皮剥く必要がないから
全部食べれていい感じ。

乾燥対策として
ただ水を飲むっていうでもいいけど

枸杞の実のように
自然の力を借りて
身体の中から保湿するっていうのもオススメだから

ぜひ
やってみてね!

って事で今日はこの辺で
よっぴー


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加