アレルギーとビタミンC

最近いろんな事を学んでて
知らなかった事を知るって

めっちゃ気持ちいいね!

しかも
それが大多数の人は知らなくて
知ってる人には簡単だけど
知らなかったら意味わかんない

みたいな知識だと
なおさら面白い!

経験も積みながら勉強していこうとおもいまーす!

さてさて今日は
アレルギーとビタミンC
と言う話をするよ!

今読んでる本は
ビタミンCだけでページ数が30ページもあるもんだから
なかなかビタミンCが終わらない笑笑

それだけ重要って事なんだろうねー。

しばらくはビタミンCの話題になりそうだ笑

副作用予防

精神的な悩みを抱えている場合に
ナイアシンっていうビタミンB3をオススメしてるんだけど

このナイアシンを服用すると
最初の数日だけ顔が赤くなったり身体が痒くなったりする
ホットフラッシュ
っていうのが起こる人がいる。

これが起こると
不安になって飲むのをやめるっていう事も多々あって

精神病の患者さんには
めちゃめちゃ重要なナイアシンを
患者さんが敬遠しちゃう

っていう事が
今までに結構あったんだけど

この悩みを
もしかしたらこのビタミンCが解決してくれるかもしれない。

ヒスタミン

ナイアシンによるホットフラッシュって
なんで起こってるのか?
って考えると

痒みが出てくる時点で
ヒスタミンが関係している事は間違いない。

ナイアシンには
肥満細胞からのヒスタミン放出を促進する働きがあるから

ナイアシンを飲むと
ヒスタミンの血中濃度が上がる事になる。

ヒスタミンっていうのは
アレルギーを起こす物質の一つで

痒みやかぶれ、赤み
鼻水やくしゃみなど

アレルギー症状を思い出した時に出てくる症状は
基本的にこのヒスタミンが起こしている。

このヒスタミンをわざわざ血中に出す
っていう事をするから

まぁ
アレルギー症状が出るのもうなずける。

っていうか

もともとヒスタミンの需要が高い人。

例えば
花粉症を持っている人だったり
アトピーや喘息を持っている場合には

普通の人よりも
身体の中にヒスタミンを蓄えているから

そんな人がナイアシンを飲んでしまったら
蓄えているヒスタミンを大量放出!
って感じで

アレルギー症状出まくり!

ってなりかねない。

まぁ
蓄えたヒスタミンを出し切った後は
それ以上出せないから
アレルギー症状が治まるんだけど

一時期めっちゃひどくなる
っていう事が考えられるんだよね。

ヒスタミンとビタミンC

ナイアシンフラッシュを防ぐ事はできないものか?
っていう事で出てくるのがビタミンC。

このビタミンCは
ヒスタミンを壊す働きがあるから

ナイアシンを服用し
肥満細胞がヒスタミンを出してきても
それ以上にビタミンCが豊富にあれば

ビタミンCがヒスタミンを抑え込み
アレルギー症状を出なくする事ができる。

まぁ
ナイアシンフラッシュだけじゃなくて

アレルギー症状がある場合には
ビタミンCを飲めば
血中のヒスタミン濃度を下げれるから

アレルギー体質の場合には
ビタミンCの大量投与を検討してもいいかもね。

やっぱり優秀だった

今回
ビタミンCの抗ヒスタミン作用を知って
僕も花粉症の時期には
ビタミンDだけでなく
ビタミンCも飲もうと思った笑

もちろん
患者さんで精神疾患を抱えていて
ナイアシン飲むとフラッシュが起こってしまって
飲むのが嫌だ!

っていう場合にも

ビタミンCの大量摂取をしつつ
ナイアシンを服用する事で

フラッシュを抑える事ができるから
精神疾患も早く治すことができるかもね!

うつ病とか、気分が落ち込みやすい
っていう場合には

ビタミンCを毎食後に2gくらい
飲んでみてはいかがでしょうか!

って事で今日はこの辺で
よっぴー


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加