全ての病気の原因は〇〇だ!

紅茶を最近飲んでるんだけど

ミルクティーが飲みたくなって
茶葉置き場をあさってたんだけど。。。

全部フレーバーティーで
ミルクに合う
ダージリンとか、ウバ茶の在庫がないことに気づき
仕方なくアールグレイにミルクを入れて飲んでるよっぴーです。

やっぱりなんか変な感じだ。。。

紅茶屋さんに行くと
ダージリンとかウバとかセイロンとか
普通の紅茶って見劣りしちゃって

どうしてもアールグレイに惹かれてしまうんだよなー・・・

ベースがあってこそフレーバーが生きるから
今度はちゃんとベースのお茶を買おうと思います!

さてさて今日は
全ての病気の原因は〇〇だ!
と言う話をしようと思います。

僕は今までいろんな医学を学び実践してきたけど
鍼灸学校の先生が言っていた事で確かになぁと思ったことがあって

それが
全ての病気の原因は滞にある。

というもの。

なんじゃそれ?
って思うと思うけど

滞っていうのは
滞りって言う意味ね。

中医学では
流れがとても重要で

気、血、津液が
留まる事なく常に流れ続けている事が健康と考えられている。

そんな流れが滞ってしまうと
いろんな事が身体の中で起こってしまって

病気になるってわけ。

滞りの原因

全ての病気が滞りから起こる!

なんてなんて乱暴なんだ
って思うかもしれないけど

例を挙げてみると
冷え性は
身体を温める働きのある気が滞ってしまう事で
手足まで気がうまく行かずに冷えてしまっている

とも言えるし

水は、身体を冷やすから
水の巡りが悪くなって
足に溜まり、足を冷やしているとも言える。

青アザなんかは
ぶつけたところの組織が壊れてうまく流れれなくなり
血が滞る事で青アザになるとも言えるし

もっと大きな病気だと
糖尿病は
身体の血が湿気によって滞る事によって

足に血が行かなくなって壊死
目に血が行かなくなって失明

って言う感じで

なーんでも説明できちゃうのが
中医学の凄いところでもありズルイところでもある笑

この滞りはなぜ起こるのか?
っていうと

大きな原因は2つ

一つ目は冷え

水が冷えると氷になって
今まで動いていたのに動けなくなるし

冬の寒い時期に外にずっといると
手がかじかんで動きにくくなる。

冷えには
動きを鈍らせるっていう働きがあるんだよね。

だから
これからやってくる冬は
滞りによる病気に特に注意する事が必要ってわけ。

そして二つ目が湿気

湿気っていうのは
ベトベト・ベタベタしているイメージで
夏の暑い日のジメジメした感じを思い浮かべてもらえればいいかな。

何もしてないのに
ジトーって身体の周りにへばり付いてくるあの感じ。

この湿気は
もともとは水だから
水が悪さをしていると考えるんだけど

水に悪さをさせるヤツっていうのがいて

水がベトベトになる時ってどんな時かというと

砂糖水を煮詰めた時って
ベトベトするよね。。。

だから甘いものっていうのは
身体の中に湿気を生みやすい。

冬に甘いものを食べすぎるとか
自殺行為にも等しい事をしてるから

本当気をつけなきゃね。

これからは特に気を付けよう

滞っている状態をよくしようと思えば
一番簡単なのは運動する事。

やっぱり身体を動かせばその分身体の中にある
気や血・水はそれに伴って動いてくれるから

ずーっと同じ姿勢でいる
っていうのは

できるだけ避けるようにしたい。

デスクワークの場合でも
1時間に1回くらいは
屈伸するだけでもいいし

できるなら
ラジオ体操とかできるといいね。

身体を動かせば
暖かくもなるし

冷え対策にもなると思うぞ!

全ての病気の原因となり得る滞りを起こさないために

・ちょっとした運動
・身体を冷やさない
・甘いものを食べない

これを積極的に取り入れていきたいね!

寒い冬もしっかり乗り切りましょ!

ってことで今日はこの辺で
よっぴー


【公式LINEのお知らせ】

価値観が広がるような情報を毎日お届け。

お茶会やセミナーなど
知見を広げるようなイベントを開催する時に
優先的に案内しています。

また
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加