ケトダイエットをやる意味は??

前回のテニスの試合中に
コンビニの甘すぎるチョコレート食べてしまったがために
花粉症の症状で苦しんでるよっぴーです。。。

糖質を入れるとわかりやすく体調悪くなる〜( ;∀;) ウヒャ…

さてさて今日は
前回紹介したケトンダイエットの続き
そもそもなんでケトダイエットなんてやるの??

っていう話をしようと思います。

思いつくだけでも
その理由は3つあって

まず一つ目は。。。

脂肪を燃やしやすい身体にする

これは前回も言ったけど
炭水化物をメインとして食べている限り
エネルギーはブドウ糖が使われる。

身体についた脂肪を落とすためには
脂肪をエネルギーとして使う必要があるけど

そのためには
脂肪を使わざるを得ない状況にしなきゃいけない。

炭水化物を食べてると
脂質代謝の経路がどんどん退化していくから

身体に脂肪は付くけど落ちない
っていう当たり前のことが起こってしまう。

体重を減らしたいから
入れる量を減らして出す方を増やせばいいんだっ!!

っていう

食べないダイエットがあるけど
そんな事したら体調壊すよ?(^◇^;)

身体についてる脂質を減らしたいなら
脂質を燃やせる身体にしないとね。

二つ目は脳の活性化

あんまり知られてないけど
脳の成分は油。

言ってしまえば
食べてる油の質が悪いと頭が悪くなる。

まぁ
馬鹿っていうんじゃなくて
直感とかインスピレーションとか

そういうのが鈍ってる感じ。

それに
脳のエネルギー源は
ブドウ糖とケトン体

最近ではアルツハイマー病は
脳内でブドウ糖を使えなくなることによって
脳のエネルギー不足が起こるから認知症が進む

って言われていて

ケトン体を生成しやすい
中鎖脂肪酸を食べると認知機能が元に戻る事も分かっている。

脳自体が油って言うのもあるし
その脳を動かすためにも油が必要

って事で

いい油を食べるってめっちゃ重要なんだよね。

三つ目は病気の予防になる

人の身体は
炭水化物と脂質をエネルギーにしているけど

ガン細胞のエネルギー源は
ブドウ糖だけ。

ガンが近年増えてきてるのは
炭水化物メインの食事にあるんじゃないか?
と、僕は思ってるくらい

ガン患者が糖質制限をしたら
ガンの数値が目に見えて改善する。

また
カンジダなどの細菌や真菌のエサもブドウ糖だから
炭水化物メインで食べてると
どんどん悪い菌を増やすことに。。。

カンジダとか
知らない間に身体の中で増えていくから
マジで注意した方がいいよ!

撃退するのめんどくさいから。。。


ざっと
ケトダイエットのメリットを上げてきたけど

別にダイエットとついてるから
太ってる人だけがやるもの
と言うわけではなく

みんなやった方がいいってレベルだったりするね。

別に厳密にやれってわけじゃなく
甘すぎる市販のお菓子とか
清涼飲料水、野菜ジュース
ケーキやパン
ラーメンやパスタ

これらをなるべく控えて
油を食べましょう!
って言うこと。

まぁ、タンパク質は食べるの前提でね!

僕の周りでは
当たり前すぎる話だけど
話題にするためには
何かとネーミングが重要だから笑笑

これを流行らせて売り上げを伸ばそうとしている商品があったりするんだけど
それは次回紹介しようかな。

ってことで
今日はこの辺で
よっぴー