その耳鳴り、原因は。。。

最近毎日ウォーキングしてるから
自分の歩き方を意識しながら歩いていると

あれ?

どうやって歩くのが正解なんだっけ?

って
ゲシュタルト崩壊っぽくなってるよっぴーです。

普通に歩くにはいいけど
早歩きになると急にわからなくなるよね。。。


さてさて今日は
『その耳鳴り、原因は。。。』
という話をしようと思います。

昨日久しぶりに薬局にヘルプしに行って
オーナーと患者さん両方に相談されたんだけど

この春の時期に出てくる耳鳴り、頭痛について。

雨の日にひどくなる
なんて事も多いと思うけど

これから梅雨に入ると
結構辛い時間も多くなりがち。

どんな対策があるのか
考えていこう!

東洋医学的に考える

気候によって
古傷が痛む
とか
頭痛がする
とか
耳鳴りがする

っていうのは

身体の『気』の不足によって起こってくる。

身体の内側と外側を物理的に隔てているのは皮膚だけど
空気とか、外気っていうように

自然にある『気』と自分の身体の中にある『気』を隔てているのは
『衛気』と呼ばれる『気』の一種。

外的である邪気から
身体を守る働きがあるんだけど

この『衛気』が弱くなると
自然の変動に身体が左右されやすくなってしまう。

低気圧になったら不調になる
っていうのは

低気圧(=自然の変化)から、自分の身体を守れていない事によって起こるってわけ。

『衛気』も『気』だから
身体の『気』が不足すると

天候によって身体に不調が出てくるっていう身体になってしまう。

古傷が痛んだり
頭痛がしたり
耳鳴りがする

これらが天候によって症状がひどくなるのであれば
『気』の不足を考えるといいと思うぞ。

意外な原因

では、西洋医学的に考えてみると

広く知れ渡っている西洋医学では
天候病は治せない。

原因がわからないから
治しようがないってわけ。

けど

最新の研究では
天候病はこれのせいかもしれない

っていう原因がわかってきてたりする。

それが

『ヘルペスウイルス』

ヘルペスウイルスって
誰でも持っている可能性があって

特に水疱瘡をした事があるなら
絶対に持っているウイルス。

この体内にいるヘルペスウイルスは
神経に棲みつき
人が弱った時を見計らって外に出てきて

帯状疱疹なんかを引き起こすけど

帯状疱疹まで行かなくても
神経の中に住んでいるんだから

神経が関係する病気なら
なんでも起こす可能性がある。

痛みはもちろんの事
感覚器の症状も出てくるね。

特に
この春にひどくなる
頭痛や、耳鳴りなんかは

ヘルペスウイルスが関与している事が多く
ヘルペスウイルスを退治してくれる

抗ウイルス剤なんかを飲むと
頭痛や耳鳴りが治る

なんて事も結構多い。

頭痛や耳鳴りに
抗ウイルス剤って変な感じするけどね。

ま!

普通の医者だと
頭痛や耳鳴りなんかで抗ウイルス剤なんて出してくれないから
手に入れるのが大変だけど。。。

しかも
自費で買おうにも、結構高い汗

何やっても治らない
っていう場合にはお試しあれ!

って事で今日はこの辺で
よっぴー


【公式LINEのお知らせ】

『人生にワクワクを』
これが僕の生きている意味。

人生楽しまないともったいない。

今をより充実させたいあなたに
価値観がより広がるような情報をお届け。

生きていく上で絶対必要な
お金と健康の知識をメインに

僕が執筆しているブログの更新情報や
オープンな場では言うと問題になりそうな
お得だったり
マル秘だったりする情報を
コッソリお伝えする事もあるかもしれません。

人と違う事をやりたい僕が興味の趣くままに
学び、体験した
ビジネスや健康、お金の話。

きっとお役に立つと思いますよ!
LINE登録はこちらから
友だち追加