知らない間に炎症が起こってるかもよ

僕の中での夏の風物詩

梨取り&販売
の季節がやってきました!!

いつもは朝9時ころ起きるのに
この時期だけは朝6時起き。

めっちゃ健康的な生活になります笑

血糖値は相変わらずずっと測っていて
実家の生活で、どう変わるのか??

相変わらずお米は食べてないけど
誘惑が多いから

せっかくだから
いろいろ食べてみて
血糖値の上がらないお菓子を探し出そうと思ってます笑


さてさて今日は
知らない間に炎症が起こってるかもよ
と言う話をしようと思います。

最近はいろんな人の血液検査データを見ていて
千差万別な事を改めて実感してます。

薬剤師として働いていた頃は
検査データを見て

LDLコレステロールが高かったり
中性脂肪が高かったら
油物を控えるようにしましょう

とか

血糖値が高かったら
甘いものをなるべく控え
炭水化物は食事の後の方に食べましょう

なんていう
患者さん自身でも知ってる当たり前の事を言うだけだったけど

今だったら違う!

ビタミンやミネラルの何が足りないのか?
腸内環境はどうなってるのか?
隠れ貧血の可能性は?
体内の炎症度合いは?

などなど

わかる事がありすぎて
みんな知った方がいいんじゃないか?
なんて今思ってる。

ひとまずここ見て

白血球数が5000よりも多い場合
体内で炎症が起こってる可能性が高い。

まぁ
他の数値と合わせて見なきゃ
確定ではないんだけど

血小板が20以上あるなら
ほぼ確定かな。

炎症って言うと
あんまり気にならない
って思うかもだけど

花粉症持ちだったり
鼻水がよく出るとか
痰が絡む

なんていう分かりやすいものから

肝硬変やリーキーガットなどの
臓器の炎症などなど

炎症と言っても
いろんな炎症があるから注意が必要。

あんまり自覚症状がないなぁ
なんていう場合でも
身体の内側で起こっている炎症を抑えるために
エネルギーを割いていたりして

疲れの原因だったり
眠りが浅い原因だったり
身体に起こっている痛みだったり

え?
そんなのと関係あるの??

っていうところと繋がっている事があるから
体内の炎症はなるべく少なくしておきたいところ。

炎症があったらどうする?

炎症が起こっている場合
ひとまず、炎症をこれ以上起こさせない事が重要。

何で炎症が起こるか?
っていうのは

各自
遅延フードアレルギー検査
などで調べるのが一番だけど

大抵の場合は
小麦のグルテン
牛乳のカゼイン
によって腸壁が傷つき

体内に入ってはいけない物質が
体内に入ってしまっている事がほとんど。

なので

腸壁を元に戻す事から始めてみよう。

腸壁を壊す原因となっている
小麦と牛乳をなるべく摂取する事を控えて

炎症の数値がだいぶ減ってきたら
少しずつ小麦と牛乳を食べるようにしてみる。

検査値を送ってくれた人の9割が
炎症起こっているという結果になってるから

腸壁問題は結構深刻なんじゃないかなぁ
なんて思ったりするよ。

どうしても牛乳を飲みたい場合には
低温殺菌でノンホモのものを選んで飲んでみたり

詳しくはこちらの記事で

小麦は現代小麦ではなく
なるべく品種改良されていない
古代小麦を選んで食べてみる。

糖質過多も
炎症の原因となるから

いつも言っているように
小麦・牛乳を抜いて

炭水化物を減らす食生活を
少しずつでも取り入れてみると

体調の変化を感じる事ができるはず。

体内の炎症がなくなるだけで
そこに使うエネルギーがいらなくなるから

身体が軽くなるよ!

これから少しずつ

身体の中で炎症が起こっているかもしれない
というのは

白血球数とか、血小板の数以外にも
総合的に判断していく必要があるけど

ひとまずこれらの数が多ければ
炎症が起こってると思って
食生活の改善を試みてほしい。

今抱えているちょっとした不調が
知らない間になくなっている事に気づくと思うよ!

大きな病気を治したい!
って言う時以外は

小麦と牛乳を減らすのって
なかなか難しいけど

いきなりゼロは難しくても
少しずつ選択するようにすれば

少しずつ減っていくと思うから
ぜひ、チャレンジしてみてください!

って事で今日はこの辺で
よっぴー