デトックスサプリメント

サプリ初心者さんは、補う事よりも
まず身体に溜まった不要なものを排泄する事からはじめましょう。

ただし、タンパク質と脂質のサプリは摂った上でこっちを摂取してね!

身体から排泄される経路は基本的には6箇所
・おしっこ
・うんち
・汗
・髪の毛
・皮膚
・生理

その中でも一番大切なのは、うんち
便秘だとしたら、身体に毒を溜め込んでるようなもんだから早急に対応して、便通を改善しましょう!

理想は、毎食後1回だけど、1日1回を目指して!


《乳酸菌》

うんちの約65%はなんと水分。
そして、残りの35%のほとんどは、乳酸菌などの菌の死骸によるものなんです。

食べ物の残りというのは、ごくごく少数しか含まれてない
それが、うんちなんです。

意外でしたか?

うんちの35%は腸内細菌の死骸ということは。。。
細菌の大きさからすると、毎日大量の細菌を外に出している事になりますね。
そんなに外に出しちゃったら腸の中に細菌が残ってないんじゃないか?なんて心配になりますが

細菌というのは、増えるのがとても早く
腸の中で活発に増え続けてくれています。

細菌と聞くと、嫌なイメージがあるかもしれないですが、この細菌がビタミンを作ってくれていたり、食べ物の消化を助けてくれていたりするので、人の身体にとっては必要不可欠なパートナーとして、共存しています。

そんな生きていく上で不可欠なパートナーを増やしてあげる事で、消化を助けてもらい胃腸の負担が減り、栄養素を作ってもらい身体の機能も向上する。
と言う事で、良い腸内細菌を増やす事はとても重要な事。

僕は、医療用医薬品の、ミヤBM・ラックビー・ビオスリーという医薬品をその時々に合わせて飲んでいます。


《食物繊維》

腸の中の不要なものを絡め取って外に排泄してくれる栄養素。
食物繊維には、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維があり、不溶性の食物繊維は、世間でよく言われている食物繊維の事で、主に野菜に含まれ、便の排泄を促してくれます。
水溶性の食物繊維は、昆布やわかめなどの海藻に多く含まれ、腸内細菌のエサになってくれたり、炎症を抑える効果があると言われています。

野菜や海藻を食べよう!
と言いたいところですが、そこまで無理して食べたくない!
という場合もあると思うので、その場合にはサプリで補いましょう!

ただし、注意点としては、まずは腸内細菌のサプリを飲んだ上で摂る事!
エサを増やしたところで、そこに食べる動物がいなければエサは腐ってしまいますからね!

今のところ、オススメは、探し中です。


《クレイ》

悪い物質を吸着して体外に排泄する働きと聞くと、一番に頭に思い浮かぶのが活性炭。
ただ、身体の中に入れるとなると泥がオススメ。
泥パックというのがあるくらい、不純物をゴッソリ吸着して外に出す働きがあります。

スプーンに大さじ1杯を、朝起きてすぐ飲む。
そのあと約30分は、飲食しない事。

身体の中の毒素を吸着して欲しいのに、食べたり飲んだりした栄養素を吸着してもらっては困りますからね!

オススメ商品はこちら(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


《クロレラ》

身体の中の毒物を外に排泄してくれるものの代表例といえば、このクロレラ
ただし、クロレラを錠剤に固める際に不純物を使ってしまうと、それも排泄しなければいけなくなります。
なので、錠剤にする際、不純物を使っていないものを選ぶ必要が出てきます。

また、クロレラの殻は硬く、人の消化酵素では消化できないので、ある程度殻を砕いてくれているものでないと摂取しても意味がありません。。。

そこで、最近値上がりが激しいですがこのクロレラがオススメです。(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


《グルタチオン・NAC》

体内に溜まった金属系の排泄に役に立つのがこのグルタチオン。
NACというのは、グルタチオンの前駆体で身体の中でグルタチオンになってくれる栄養素。

ただし、グルタチオンを500mg飲むと副作用が起こる場合もあるので少量ずつ始めるか
もしくは、NACを摂取する方がいいかもしれません。

オススメは、vital nutrientsのNACか、ニュービギニングスのグルタチオン。


《入浴剤》

お次は、汗をかいてデトックスしましょう。
お風呂好きな僕としては、お風呂の間も健康に寄与してると嬉しい!

特に、お風呂は汗を大量にかくので、デトックス効果も高い。
なので、汗を出しやすくし、かつ身体に不足しがちなマグネシウムを補ってくれるものを取り入れるといいと思います。

運動後なんかは特にオススメ!(画像をクリックするとAmazonに飛びます)


《電磁波》

目に見えないものほど、怖いものはない!!

という事で、5Gも開始になりましたが、電磁波によって受けるデメリットも考慮しましょう。
なるべく電磁波の影響を受けない家作りが大切です。

コンセントや、電気が流れる場所にはブラックアイ(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

これは、もちろんピップエレキバンのように、身体に貼るという使い方もあります。

携帯の電磁波除去には(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

これを後ろに貼っておくといいですね。


随時更新中!